犬がパセリを食べると危険?【犬にぱせりを与えるメリットや注意点も解説】

犬がパセリを食べると危険?

 

独特の香りのするパセリは
犬に食べさせても問題ないのでしょうか?

また、パセリには
どんな栄養があるのでしょうか?

 

この記事では
犬がパセリを食べると危険なのか?
パセリを与えるメリットや注意点についても
わかりやすく解説していきます。

 

犬にパセリを食べさせてもOK?


結論からいうと
犬にパセリを食べさせてもOKです。

 

むしろ積極的に食べてもOKなくらい
栄養が詰まった食材なのです。

 

パセリはの方が栄養価が高いため、
茹でたりはせずに生のまま細かく刻んだもの
ドッグフードのトッピングとして与えてあげるのが
犬にとって、一番食べやすいでしょう。

積極的に食べてもOKといいましたが
繊維質が多いので、与えすぎはよくないです。

与えすぎると
消化不良になる恐れがあるので
適量与えるようにしましょう。

犬にパセリを与えるメリットとは?


犬にパセリを与えるメリット
パセリに含まれる豊富な栄養素にあります。

  • βカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • 鉄分
  • カルシウム
  • 食物繊維
  • アピオール など

さまざまな栄養が含まれていますが
中でも鉄分はほうれん草の約4倍
野菜の中でもトップクラスです。

 

このような栄養を含んでいることから

  • 食欲不振の改善
  • 消化吸収の向上
  • 解毒作用
  • 発汗作用
  • 免疫力の効果
  • 疲労回復
  • 老化予防
  • 利尿作用
  • 貧血予防
  • 動脈硬化予防
  • 口臭予防
  • ガン予防
  • リラックス効果 など

パセリにはたくさん効能があります。

 

犬にパセリを与える時の注意点とは?


犬にパセリを与える時には
注意すべき点が3つあります。

  • 与え方
  • 与える量
  • アレルギー

注意点①【与え方】


繊維質の消化が苦手とする犬にとって
パセリは食物繊維が豊富な食材のひとつです。

少しでも消化しやすくするため
細かく刻んであげることで消化不良を防ぎましょう。

また、
普段から与えているドッグフードに
混ぜると食べやすくなったり、
フードを少量の水でふやかすこと
ドッグフードに絡みやすく食べやすくなります。

 

注意点②【与える量】


食物繊維は少量であえば
整腸作用で便通改善に役立ちます。

犬の体重によっても変わりますが、
1日に与えるパセリの量は
2~5kgの小型犬10~20g程度
8~11kgの中型犬30~40g程度
おおよその目安量です。

食べ過ぎてしまうと下痢になったり、
便が硬くなりすぎて便秘になることもありますので
その犬に合った量を適切に与えましょう。

 

 

注意点③【アレルギー】


パセリを食べたことで
食物アレルギーを引き起こすこともあります。

アレルギー症状としては

  • 湿疹や痒み
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 目の充血 など

このような症状が見られた場合には
動物病院へ連れて行きましょう。

 

初めて与える際は少量からにし
必ず様子を見てから
徐々に量を増やしていくようにしましょう。

 

まとめ


犬にパセリを食べさせてもOKなので
細かく刻んで消化しやすく、
栄養も吸収しやすいように
積極的に取り入れてあげましょう。

 

また、
生のまま食べることができるため
手軽に与えられるのも
オススメな理由のひとつです。

 

パセリ一つでたくさんの効能が期待できるので
毎日少量のトッピングとして
犬の健康維持に役立ててみませんか?

 

 

おすすめの記事