犬がレバーを食べると危険?【犬にレバーを与える時の注意点やメリットも解説】

犬がレバーを食べると危険?

 

もともと犬の食事は肉がメインだから
鉄分豊富なレバーも体にもいいはず?

 

この記事では
犬にレバーを食べさせてもOKか、
レバーを与えるメリットや注意点について
詳しく解説していきます。

 

犬にレバーを食べさせてもOK?

ドギーマン きらり レバー 400g×3個 (まとめ買い)

犬にレバーを食べさせることは
基本的にOKです!

 

牛、豚、鶏、羊など
レバーにもさまざまな種類がありますが、
どれも問題なく栄養的にも大きな違いはほとんどありません。

 

しかし
レバーを犬に食べさせる時は
生の状態で食べさせてはいけません。

必ず加熱調理してから
犬に与えるようにしましょう。

また、味付けはせずに
下処理してからボイルしてあげるのが
簡単で手軽に与えやすいです。

 

 

犬にレバーを与えるメリットとは?

デビフ ささみ&レバーミンチ 野菜入り 150g
犬にレバーを与えるメリット
レバーに含まれる多くの栄養素によって
犬の体を健康してくれることです。

レバーに含まれている栄養素
以下のようにとても豊富です。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群(B1、B2、B6、他)
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン など

犬がレバーを食べたことで
期待される効果には
以下のようなことがあります。

  • 貧血予防・改善
  • がん予防
  • 視力低下の予防
  • 皮膚や粘膜の強化 など

犬にとってレバーは
病気の予防や改善食として
働きかけてくれる
万能食材と言えるでしょう。

 

犬にレバーを与える時の注意点とは?

アイリスオーヤマ ヘルシーステップレトルトビーフ&レバー 犬用 250g HLR-25BL
犬にレバーを与える時の注意点
長期的に大量に与えないことです。

 

いくら健康食材とはいっても
過剰摂取は肥満の原因になります。

また、
レバーに含まれるビタミンA
犬が大量に摂取してしまうと
以下のような健康被害を招く可能性もあります。

  • 骨に関する疾患
  • 歩行困難
  • 筋肉量の低下
  • 食欲不振
  • 体重の減少
  • 歯に関する疾患

 

犬にレバーを与える時の目安量


犬にレバーを与える時の目安量
犬種や体調によっても変わります。

  • 5kg程度の小型犬で30g
  • 10kg程度の中型犬で50g
  • 20㎏程度の大型犬で90g

この量を週に1~3回程度
おやつドッグフードのトッピングとして
与えることをおすすめします。

 

しかし、
レバーを初めて犬に与える時は
ごく少量から与えることを意識し

徐々に量を増やしていきながら
上限をこの目安量までとしましょう。

 

※以下のような持病をお持ちの犬
必ず獣医師に相談のもと
必要であれば与えるようにしてください。

  • 肝臓、消化器の病気で脂質制限がある
  • 肝臓病で鉄分制限がある
  • 腎臓病でリン制限がある

 

 

まとめ


犬にレバーを食べさせることはOKです。
レバーは犬の健康づくりにも
貢献してくれる食材の1つです。


しかし、
いくら健康食材といっても
犬への与えすぎは危険です。

肥満や病気のもとになり得ることを
忘れないでください。

 

犬にとっての必要量をしっかり理解して
健康的に過ごせるようにレバーを食べさせてあげましょう。

 

 

おすすめの記事