犬が緑茶を飲むと危険?

犬が水分補給するときは基本的に水です。

 

体調が悪い時などには
ポカリなどのスポーツドリンクを飲ませることもあります。

 

 

私たち日本人は緑茶を飲むことが多く、
体に良いものとされていますが
犬にとってはどうなのでしょうか?

 

 

この記事では
犬が緑茶を飲むと危険なのか?
飲めるお茶はあるのかなど詳しく紹介していきます。

 

犬が緑茶を飲むと危険?

犬が緑茶を飲むことは危険なのか?

 

その答えは、
大変危険です!!!」

 

緑茶には人間にとって
体の良い成分が含まれていますが、
犬には緑茶に含まれる「カフェイン」が健康を害する危険性があります。

 

また緑茶だけでなく、
緑茶の茶葉や粉末タイプのお茶なども同様に注意しなければなりません。

他にも、
ウーロン茶や紅茶などの
カフェインが含まれたお茶類は飲ませてはいけません。

 

犬がカフェインを摂取するとどうなるのか?

犬がカフェインを摂取すると
以下のような症状が現れる場合があります。

  • 異常な興奮
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 失禁
  • 頻尿
  • けいれん
  • 震え
  • 呼吸が速くなる
  • 不整脈 など

 

このような症状が出ている場合、
カフェイン中毒となっており、
最悪の場合、犬は死に至ることもあります。

 

カフェイン中毒を起こす目安量

一般的に、
犬の体重1kgあたり
20mgのカフェインを摂取すると
犬が中毒症状を引き起こすといわれています。

 

およそコップ1杯の緑茶には
30~50mgのカフェインが含まれているため、
体重2kg程度の超小型犬であれば
コップ1杯の緑茶で中毒を起こす危険性があります。

 

致死量とされるのは
犬の1kgあたり100~200mgですので、
一度に大量に飲まなければ心配ありませんが
危険性が高いものであることは把握しておきましょう。

 

もしも犬が緑茶を飲んでしまったら?

もしも犬が緑茶を飲んでしまったら
すぐにかかりつけの動物病院へ連絡しましょう。

 

例え少量だとしても、
中毒症状を起こす可能性は十分に考えられます。

時間が経つほど重症化しやすいため、
症状が出ていなくとも連絡しておくことが望ましいでしょう。

 

連絡の際には
獣医師に次のようなことを伝え、指示を仰ぎましょう。

  • いつ飲んだか
  • どのくらいの量を飲んだか
  • どんな様子または症状があるか

 

犬が飲んでもいいお茶はあるの?

緑茶や紅茶などカフェインの入ったお茶は
犬の健康を害するため与えてはいけません。

 

カフェインの含まれていないお茶で
犬が飲んでいいものは次の種類です。

  • 麦茶
  • コーン茶
  • 豆茶
  • そば茶
  • 杜仲茶
  • 甜茶
  • ルイボスティー
  • ゴーヤ茶
  • タンポポ茶

 

積極的に与える必要はありませんが、
これらのお茶には
消化作用、消炎作用、抗酸化作用など
さまざまな効能が期待されます。

 

しかし、
与えるにも人間と同じではなく、
2~3倍に薄めたものを少量与えるようにしましょう。

また、
アレルギーが現れる可能性もありますので
様子を見ながら与えることも必要です。

 

まとめ

犬に緑茶は与えてはいけません!

例え薄めたものでも与えることは絶対にやめましょう。

 

もしも誤飲してしまった場合には
早急に対処することが必要です。

 

 

最近では、
緑茶の成分であるカテキンの入った
フードやおやつを見かけることがあります。

そのようなものは
カフェインを抜いた犬専用のものですので
問題なく与えることができます。

 

 

飼い主として
愛犬が健康に過ごしていけるように
食べていいもの、食べてはいけないものをしっかり把握することが大切です。

 

 

おすすめの記事