犬が蕎麦(そば)を食べると危険?【犬に蕎麦を与える時の注意点やメリットも解説】

犬が蕎麦(そば)を食べると危険?

 

肉食である犬に
そばを食べさせても
消化に問題ないのでしょうか?

 

この記事では
犬に蕎麦(そば)を食べさせてもOKなのか、
蕎麦を与えるメリットや注意点なども詳しく解説していきます。

 

犬に蕎麦(そば)を食べさせてもOK?


結論からいうと
犬に蕎麦を食べさせることはOKです。

 

犬の食事のメインは
肉であるタンパク質なのですが、
蕎麦のような炭水化物も消化することができます。

しかし、
大量に与えることは望ましくなく、
少量であれば問題ないといえます。

また、人間と同じように
蕎麦アレルギーを持つ犬もいるので
与え方にも注意が必要です。

 

犬に蕎麦(そば)を与えるメリットとは?


犬に蕎麦を与えるメリット
栄養分を摂取できることです。

蕎麦に含まれるビタミンや
ミネラルなどの栄養素
犬の体にとっても良いとされています。

蕎麦(そば)に含まれている栄養素


蕎麦(そば)に含まれている主な栄養素
以下のようなものがあります。

  • 植物性タンパク質
  • ビタミンB群
  • ポリフェノール類

蕎麦の栄養素【植物性タンパク質】

ロイヤルカナン LHN インドアライフ アダルト 4kg

蕎麦に含まれる植物性のタンパク質の量は
他の穀物に比べて良質で栄養価も高く、
犬の体への吸収率もよいです。

 

蕎麦の栄養素【ビタミンB群】

【リニューアル】【ニュートロ】ナチュラルチョイスラム&玄米 超小型犬~小型犬用 成犬用3kg

蕎麦に含まれるビタミンB1
犬の疲労回復を促進する効果があります。

また、ビタミンB2
栄養の代謝を助けてくれて
犬の皮膚粘膜の状態を整えてくれる働きがあります。

そのほかにも
ビタミンB群の仲間であるコリン
犬の肝臓機能に働きかけ、
犬の体内の毒素を排出してくれます。

 

蕎麦の栄養素【ポリフェノール】

HUGME SHOP aikona ( アイコナ ) 犬用 サプリメント

蕎麦に含まれるポリフェノール類には
ルチンカテキンといった成分があり、
抗酸化作用や血圧、血糖値の低下、
毛細血管の強化、老化防止など
犬の体にさまざまなメリットを与えます。

 

犬に蕎麦(そば)を与える時の注意点とは?


犬に蕎麦(そば)を与える際
与える量には注意が必要です。

いくらそばが栄養豊富で
犬の体に良いものといっても
与えすぎには気をつけましょう。

 

蕎麦は犬にとって
必ずしも必要なものではありません。

犬の食事のメインは
肉などを使用したドッグフード
であることを忘れないでください。

 

また、蕎麦は食物繊維
マグネシウムが豊富なので
食べ過ぎると下痢になることもあります。

 

初めて犬にそばを与える時には
アレルギーも心配されますので

ほんの少量から与えるようにしましょう。

 

犬の蕎麦(そば)アレルギーの危険性


犬が蕎麦アレルギーを発症した場合、
以下のような症状が現れる恐れがあります。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • じんましん
  • 呼吸困難
  • 痙攣、昏睡などの意識障害

蕎麦を食べた後に
このような症状が見られた場合には
必ず動物病院へ相談しましょう。

 

重篤化でない場合もありますが、
急性アレルギー反応でショック状態となり
一刻を争う場合もありますので
自己判断ではなく獣医師の診察を受けましょう。

 

まとめ


犬に蕎麦(そば)を食べさせることはOKで、
犬の体に良いとされる栄養がたくさん含まれています。

 

しかし、
たくさんは与える必要がないことや
アレルギー症状が出てしまう可能性があること
十分に理解した上で与えるようにしましょう。

 

一度や二度与えたことがあるからと言っても
そばを与える量が増えたことで
アレルギーを引き起こすこともあるので
必ず食後は犬の様子を見てあげましょう。

 

 

おすすめの記事