犬がレモンを食べると危険?【犬にれもんを与える時の注意点やメリットも解説】

犬にレモンを食べさせると危険?

 

レモンは特にビタミンCが豊富
身体にいいのはわかるけれど、
犬にとってあんなに酸っぱいものは
刺激物にならないのでしょうか?

 

この記事では
犬にレモンを食べさせてもOKか、
レモンを与えるメリットや注意点
わかりやすく解説していきます。

 

犬にレモンを食べさせてもOK?

基本的に、犬にレモンを
食べさせることはOKです。

ただし、大体の犬は
少しレモンを舐めた後、
あの強烈な酸っぱさから
次からは舐めようとしません。

稀に好んで舐めたり
食べたりする犬もいますが
犬にレモンを与える際は
少量にしておく方がよいでしょう。

 

犬にレモンを与えた方が、健康面的にいいの?


犬はもともと体の中で
ビタミンCを合成する機能を備えています。

よって健康な犬であれば、
レモンを食べてビタミンCを摂取しなければならない
というわけではありません。

 

しかし、以下のような犬の場合には
レモンに含まれるビタミンCを摂取すること
犬の体にとって有効的だとされています。

  • お薬を服用している犬
  • シニア犬
  • 家族内で喫煙者がいる

 

3つのいずれか1つでも当てはまる場合には
ビタミンCを合成する肝臓機能が低下し
必要量が作り出せていなかったり、
ストレスによってビタミンCを
多く消耗していることがあります。

 

そういった場合、
レモンのビタミンCを犬に摂取をさせることは
犬の健康的な体作りとして望ましいでしょう。

 

犬にレモンを与えるメリットとは?


犬にレモンを与えるメリット
レモンに含まれるビタミンCの働きによって
犬の健康を守る効果があることです。

レモンのビタミンCの働きには

  • 骨や軟骨の強化
  • 皮膚の生成の活発化
  • ホルモンの正常な分泌
  • 抗酸化作用

などが挙げられます。

 

犬の体のなかでビタミンCが不足すると
犬の骨や関節、軟骨に
トラブルを抱えるリスクが高くなります。

 

また犬の内臓機能の低下や
ホルモンバランスを崩すリスクも生じます。

つまり
レモンを犬に適度な量与えることで
犬の健康維持の手助けすることが可能です。

 

 

犬にレモンを与える時の注意点とは?


基本的に、健康な犬には
レモンは必要ありません。

そしてビタミンCが不足と思われる犬に
レモンを与える際には5つの注意点があります。

  1. 皮や白い部分は避け、果汁を与える
  2. 砂糖やハチミツを使ってないものを与える
  3. 一日に少量にする
  4. 無理強いして与えない
  5. 与えた後は体調に変化がないか観察する

 

犬がビタミンC不足だからと言って
無理にレモンを食べさせる必要はありません。

レモンでビタミンCを補えなくとも
サプリメントやドッグフードなどで
犬に合ったものを選んで与える方法もあります。

 

毎日犬に与えるドッグフード選びに
時間やお金を費やすことをおすすめします。

 

 

まとめ


犬にレモンを食べさせてもOKなのですが、
健康的な犬の場合には必要ないものです。

また、
ビタミンC不足を思われる場合にも
酸っぱいのを嫌がる犬がほとんどですので
無理に与える必要はありません。

 

もしも与える際には、
レモンの実の部分を少量絞って
ドッグフードなどに混ぜてあげるなどして
工夫しながら与えてみましょう。

 

 

おすすめの記事