犬にコーヒーを与えてはいけない理由【カフェイン中毒の症状なども解説】

犬にコーヒーを与えてはいけません!!

その理由をご存知でしょうか?

また、
もしコーヒーを飲んでしまった場合
どんなことが起きてしまうか知っていますか?

 

この記事では
犬にコーヒーを与えてはいけない理由と
カフェイン中毒になった場合の症状について
詳しく解説していきます。

 

 

犬にコーヒーを与えてはいけない理由


犬にコーヒーを与えてはいけない理由
カフェイン」が含まれているからです。

コーヒーに含まれるカフェインを
犬が摂取してしまうと、
カフェイン中毒を引き起こしてしまう
可能性があるからです。

カフェイン中毒とは?【その症状について】


カフェイン中毒
とは
摂取した量やその犬の感受性の違いによってさまざまですが
以下のような症状が現れる場合があります。

  • 落ち着きがなくなる
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 震えや痙攣
  • 不整脈
  • 大量のよだれ
  • 呼吸が速くなる
  • 血管が拡張する
  • うっ血や出血を起こす
  • 筋硬直

 

カフェインには中枢神経を興奮させる作用があるため、
てんかんの発作や痙攣を起こしたことのある犬は
特に注意が必要です。

 

また、
コーヒーは液体のため体内への吸収が早く
1~2時間程度で中毒症状が現れることが多いため、
飲んですぐ症状が出るわけではないことも
理解しておきましょう。

カフェイン中毒を引き起こす目安量は?


カフェイン中毒を引き起こすとされる量は
その犬によって異なるのですが、
一般的に体重1kgの犬に対して
カフェイン100~200mg
危険な状態や症状が現れるとされています。

もちろんそれ以下の量でも
重症化するケースもありますので
カフェインが入ったものを与えないことが一番です。

カフェインが含まれたものは?

カフェインが含まれているものは
コーヒーだけではありません。

  • 玉露
  • 煎茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • コーラ
  • ココア
  • 栄養ドリンク など

このような飲み物の中にも
カフェインが含まれていますので
与えないように注意してください。

もしも犬がコーヒーを飲んでしまった時は?


もしも犬がコーヒーを少し舐めてしまったり
少量飲んでしまったら
慌てずに様子を見守ってあげましょう。

少量程度であれば
重度の中毒症状を起こす心配ないとされていますが、
カフェインに対して極度に弱い体質の犬もいるので
1~2時間程度は注意は必要です。

 

中毒症状が見られた場合、
コーヒー豆やインスタントコーヒーの粉を
大量に食べてしまった場合には
すぐに動物病院で診察を受けましょう。

その時は
飲んだり食べたりした時の時間
獣医師に必ず伝えるようにしましょう。

まとめ


犬にコーヒーを与えてはいけない理由
カフェインに原因があります!

 

カフェイン中毒を引き起こすと最悪の場合、
命に関わる事態となってしまいます。

そうならないためには
与えないこと、
犬の届くところには置かないことなど
普段の生活から気を付ける必要があります。

 

もしも口にしてしまった場合には
必ず様子を観察して、
気になる症状が見られた場合には
早急に動物病院へ受診しましょう。

 

 

おすすめの記事