犬に魚肉ソーセージを与えない方がいい?やっぱり塩分が多い?【注意点を解説】

犬に魚肉ソーセージを与えない方がいい?

 

魚は食べて良くても
人間用に作られた魚肉ソーセージは
犬に与えることは危険でしょうか?

 

この記事では
犬に魚肉ソーセージは与えない方がいい?
魚肉ソーセージの塩分についてや
与える時の注意点について
詳しく解説していきます。

 

 

犬に魚肉ソーセージを与えない方がいい?

犬に魚肉ソーセージを与えない方がいい?

 

はい、積極的に与えることはオススメできません。

 

もしも犬が食べてしまっても
中毒症状を引き起こすような成分が
入っているというわけではありませんが、
大量に食べたり、
毎日少量ずつでも食べ続けていくことは
犬の健康上よくありません。

魚肉ソーセージの塩分について

魚肉ソーセージは魚のすり身を原料としています。

そのため脂肪分が少なく、
カルシウムが多く含まれています。

最近では
保存料、着色料を使用していないものや
栄養機能食品、特定保健用食品に
認定されているものなど
健康を意識した商品が数多くあるため
犬にもいいのでは?と考えられた方。

 

魚肉ソーセージで注意すべき点は
塩分の含有量です。

 

一般的な魚肉ソーセージでは
1本75gあたりに約1.3gの塩分が使用されています。

犬が健康を保つために必要な塩分量は、
体重1kgに対し1日0.24gが目安となります。

体重5kgの犬であれば1.2gが
1日に必要な塩分量となるため、
魚肉ソーセージを1本食べると越えてしまいます。

 

主食であるドッグフードも食べるとなると
塩分を過剰に摂り過ぎてしまうことになるのです。

犬は塩分を摂りすぎるとどうなるの?

犬が塩分を過剰摂取してしまうと
次のような症状や疾患が考えられます。

  • 大量に水を飲む
  • 皮膚の痒み
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 腎臓病
  • 心臓病 など

犬が塩分を大量に摂取し続けていくと
体に負担がかかるだけでなく、
命にかかわるような病気になるのです。

犬に魚肉ソーセージを与える時の注意点

もしも犬に魚肉ソーセージを与える時には
犬用の魚肉ソーセージを選んであげましょう。

人間用に比べると
塩分は控えめになっている物が
多く見られますが、
塩分含有量の表示を確認してから与えましょう。

 

また、
安心して食べさせてあげられる方法は
手作りすることです。
どんな食材を
どのくらい使用しているかわかるため、
一番安全といえるでしょう。

 

人間用魚肉ソーセージは
極少量であれば問題ありませんが、
それを毎日のように与えたり
たくさんの量を与えすぎてしまうと、
犬の体に影響を及ぼしかねないので
なるべく与えないようにしましょう。

まとめ


犬に魚肉ソーセージを
与えない方がいいという理由は
やはり「塩分」が原因でした。

 

犬はドッグフードを食べることで
健康維持に必要な栄養素を
取り入れることができます。

そのため、
わざわざ魚肉ソーセージを
取り入れる必要性はありません。

 

もしも
魚肉ソーセージを与えたいという場合は
犬が食べられる塩分量を把握した上で
適切に与えることが必要です。

心臓や腎臓に負担をかけないように
与え方には十分注意してください。

 

 

おすすめの記事