犬が麦茶を飲むと危険?飲ませても問題ない?【犬に麦茶を与えるときの注意点】

犬が麦茶を飲むと危険?
飲ませても問題ない?

 

夏場の麦茶って
とても美味しいですよね。

この感動をわが犬にも!
と考える愛犬家もいるかもしれませんね。笑

水分補給として
犬に麦茶を与えていいものなのでしょうか?

 

この記事では
犬に麦茶を飲ませても問題ないのか、
麦茶を与える時の注意点について
わかりやすく解説してきます。

 

犬に麦茶を飲ませても問題ない?


結論からいうと
犬に麦茶を飲ませることは問題ありません。

ただし、お茶であれば
何でもいいというわけではなく、
カフェインタンニン入っていないものに限ります。

 

カフェインやタンニンが入っていない
犬が飲めるお茶とされているのが

  • 黒豆茶
  • ルイボスティー
  • カモミールティー
  • ミントティー
  • ローズティー
  • ローズヒップティー
  • たんぽぽ茶
  • はと麦茶
  • どくだみ茶 など

さまざまな種類があります。

緑茶やウーロン茶、紅茶などは
カフェインなどが含まれているので
犬には与えないでください。

麦茶に栄養はあるの?

実は麦茶にはこんな成分が含まれています。

  • カルシウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • リン
  • アルキルピラジン

 

このような成分が含まれていることで

  • 胃粘膜を守る
  • 体を冷やしてくれる
  • 抗酸化作用
  • 血液をサラサラにする
  • 血栓予防 など

さまざまな効能が期待されます。

人間だけではなく、
犬にとっても夏場の水分補給にはピッタリです。

 

犬に麦茶を与える時の注意点とは?


犬に麦茶を与えることは
基本的には問題ないのですが、
尿結石の疑い既往歴のある犬には
与えることは避けましょう。

人間用の麦茶には
ミネラルが入っているものが多く、
そのミネラルこそが尿結石の原因となります。

飼われている犬が
結石になったことがないといっても
ミネラルを含む麦茶はおすすめできません。

 

犬に与えるための麦茶の選び方


犬へ麦茶を与えるとき、
市販の麦茶の選び方は次の通りです。

  • 犬用に作られた麦茶
  • 人間用であれば添加物でミネラルの入っていないもの

 

手作りで麦茶を作ってあげたい場合は
以下のようなことに気をつけましょう。

  • 新鮮なお水を使うこと
  • 浄水器にかけた水ではなく、水道水を使うこと
  • 無農薬の麦茶

 

どちらも共通して言えることは

  • 初めて与える時は少量からにする
  • 一度に大量には与えない
  • 2~3倍に薄めた麦茶する
  • 冷え過ぎたものは与えない

犬にとって与えすぎや冷え過ぎたものは
下痢や嘔吐の原因にもなりますので
人間と同じようには与えてはいけません。

 

与える量の目安は小型犬の場合で
一日に大さじ1/2~1杯程度にしましょう。

 

まとめ


犬に麦茶を与えても問題はないですが、
基本の水分補給は水として捉えましょう。

 

夏場の食欲がない時期には
麦茶の成分が体の調子を整えてくれたり、
ドッグフードにかけてあげると
風味が増して食べやすくなったり、
水分も一緒に摂れるのでおすすめです。

 

 

おすすめの記事