犬が納豆を食べると危険?【犬に納豆を与えるメリットや注意点も解説】

犬が納豆を食べると危険?

 

日本人にとっての健康食といえば
上位にその名が挙がってくるであろう納豆。

この納豆は、犬にとっても
健康食材といえるのでしょうか?

 

 

この記事では
犬に納豆を食べさせてもOKか、
納豆を与えるメリットや注意点について
わかりやすく解説していきます。

 

犬に納豆を食べさせてもOK?


結論からいうと
犬に納豆を食べさせることはOKです。

 

人間と同様、
犬にとっても納豆の栄養成分は
体にとって良いものとされています。

人間用の納豆を与えることも可能ですし、
最近では犬用の乾燥納豆なども売られています。

 

嗅覚が優れている犬に
納豆のニオイは大丈夫なの?
と心配される方もいらっしゃいますが、
意外にもニオイを嫌がらずに食べる犬が多いです。

 

犬に納豆を与えるメリットとは?


犬に納豆を与えるメリット
健康食材とも言われる
その豊富な栄養成分にあります。

  • ナットウキナーゼ
  • ビタミンK
  • ビタミンB群
  • カルシウム
  • 食物繊維

納豆のメリット①【ナットウキナーゼ】

納豆に含まれるナットウキナーゼ
体内の血液をサラサラにして
血栓が作られることを防ぐ働きがあります。

なので、心臓病脳梗塞の予防に効果的です。

 

納豆のメリット②【ビタミンK】

ビタミンKには
骨からカルシウムが流出するのを防ぐ働きがあります。

また、ナットウキナーゼと同様に
血液の状態をサラサラにし
バランスよく保つ効果もあります。

 

納豆のメリット③【ビタミンB群】

納豆に含まれているビタミンB群
細胞の成長や再生を助ける働きがあります。

そのため、
犬の被毛をツヤツヤにする効果あります。

 

納豆のメリット④【カルシウム】

納豆にはカルシウムが含まれているため
骨を丈夫にしてくれます。

また、納豆のネバネバの中の
ポリグルタミン酸という成分は
カルシウムの吸収を促進させるので
さらに骨を丈夫にする効果を発揮します。

 

納豆のメリット⑤【食物繊維】

便秘になりがちな犬には
納豆に含まれる食物繊維によって
便秘解消効果が期待されます。

また食物繊維だけでなく、
納豆菌、オリゴ糖も含まれているため
腸の中の善玉菌を増やし、
悪玉菌の働きを抑制してくれるので
腸内環境を整える効果が高いです。

 

犬に納豆を与える時の注意点とは?


犬に納豆を与える時の注意点として

  • 消化によくしてあげること
  • アレルギーに気を付けること

この2つが挙げられます。

 

注意点①【消化に良くする】

犬に納豆を与える時には
粒が大きいものの場合は
細かく刻んであげましょう。

始めからひき割り納豆を選べば
その手間を省くことができます。

 

また、
与えすぎてしまうと消化不良で
下痢などを起こす場合があります。

 

小型犬なら1パックの1/3~1/4程度
中、大型犬なら1パックの1/2程度
目安に与えるようにしましょう。

 

人間と同じ納豆を与えることはよいですが、
塩分や香辛料を加えると犬の臓器に負担がかかるので、
付属しているタレやカラシは入れないようにしましょう。

 

注意点②【アレルギーに注意する】

犬でも大豆アレルギー
発症する場合があります。

なので、
初めて与える時には豆2、3粒と
極少量から様子を見て与えましょう。

 

アレルギーがある場合、
下痢嘔吐体の痒み
湿疹など犬によって症状はさまざまです。

 

 

何かしらの異変が見られた場合には
アレルギーが疑われますので
動物病院へ診察したほうが良いでしょう。

 

 

まとめ


犬に納豆を食べさせることはOKですが、
いくら健康食材といっても与えすぎは良くありません。

 

適量与えていくことで
血液の循環を良くしたり、
腸内環境を整えてくれたりするので
欲しがっても与えすぎには気をつけましょう。

 

普段のドッグフードのトッピングに納豆を加えて
健康的な体作りを目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの記事