「愛犬家」が集まる犬の総合メディア

トロモロ🐩

犬のしっぽから理解できる犬の気持ち【丸める時や振る時、下がる時などなど】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

犬のしっぽの動きから
気持ちを読み取ることができるのを
ご存知でしょうか?

 

犬のしっぽには
犬の感情が表われます。

では
犬のしっぽがどんな様子の時に
どんな気持ちでいるのか?

多くの愛犬家の方にとって
犬の気持ちが理解できるきっかけになるように
わかりやすく記事にまとめていきます。

 

犬のしっぽから、犬の気持ちを理解できるの?

犬のしっぽ
人間の表情と同じように
感情を表しています。

 

  • しっぽを振るとき
  • しっぽを丸めるとき
  • しっぽが水平になっているとき
  • しっぽがピンと立っているとき
  • しっぽが下がっている

上記のような
しっぽの状態によって
犬の抱いている気持ちを
判断することができるでしょう。

犬がしっぽを振るときの犬の気持ち

犬が立ちながら
しっぽを素早く振っているときは
犬は興奮している状態といえます。

 

犬のしっぽを振る速度
振り幅が大きければ大きいほど、
興奮の度合いが強いでしょう。

 

一般的には
ワクワクやドキドキした気持ちの
嬉しさを表していると思われていますが、
興奮の全てが嬉しさとは限りません。

 

その時々の状況や
犬の性格などを考えて、
今どういう感情を抱いているのか
様子を見ながら読み取ってあげましょう。

 

犬が腰を落としながら
しっぽを大きく振っている場合には
愛情敬意を表しています。

これは
飼い主に対してや
仲の良い犬に会った時に見られる
しっぽの振り方です。

 

犬がしっぽを丸めるときの犬の気持ち


犬がしっぽを丸めたり、

後ろの脚の間に
しっぽをしまうようなときには
恐怖を感じている時です。

他の犬に対して
降参の意味も表しています。

 

また、雷が鳴っているときに
犬がしっぽを丸めた様子であれば、
その犬は雷を怖がっていることを表しています。

なぜ犬は雷を怖がるのか?【雷に震える愛犬を落ち着かせる方法も解説】

 

犬のしっぽが水平になっているときの犬の気持ち


犬が何かに気になり
興味を持った場合に、
体に力が入ることで
しっぽが水平になることがあります。

 

よく見られる光景として、
散歩中に出くわした犬に
威嚇まではしてないものの、

犬同士どちらの立場が
様子を伺っているような緊張状態である場合
このようなしっぽの状態が見られます。

 

犬のしっぽがピンと立っているときの犬の気持ち


犬のしっぽが上に真っ直ぐ
ピンと立っているときは
自信の表れでしょう。

犬のしっぽは
高く上げれば上げるほど、
肛門腺を周囲にさらし
ニオイを放つことができるため、
自分の存在を強くアピールすることができます。

 

散歩中に他の犬とすれ違う際に
もしもあなたの犬が
ピンとしっぽを立たせていたら
自分が上で相手を下に見ている
という場合が多いです。

 

犬のしっぽが下がっているときの犬の気持ち


犬のしっぽが下がっているときは
犬が不安な気持ちになっているとき
犬がストレスを感じているときです。

犬の気持ちは下がり気味で
神経質になっています。

 

慣れていない環境や、
不安な気持ちを抑えきれない時に
よく見られる犬のしっぽの状態です。

 

まとめ


この記事を通して
犬のしっぽの様子から
気持ちが理解できそうですか?

 

ちょっとした変化ですが、
しっぽの状態によって
こんなにも気持ちが違うものなのです!!

 

犬は人間の言葉や
表情で気持ちを表すことはできません。

 

愛犬のしっぽから
愛犬の気持ちを読み取り、
愛犬とのコミュニケーションを
もっともっと高めていきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トロモロ🐩 , 2018 All Rights Reserved.