犬の散歩は食前か食後か

犬にとって、
とても大切な散歩

 

犬の散歩は食後と食前、
どちらの方がいいのでしょうか?

 

ダイエット効果や
健康面など含めて
まとめていきます。

犬の散歩は食後ではなく食前がおすすめ!

【Lansing store】ペットボウル 小型 中型 犬 猫用食器 ウォーター フード ボウル ステンレス製 ご飯 水 お餌 入れ 食器 滑り止め付き (一つ M)

結論からいうと
犬の散歩は食事の前
(食前)がおすすめです。

 

犬の散歩は食後ではなく
なぜ食前がおすすめなのか?

 

その一番の理由は
胃捻転のリスクが
少なくなるため
です。

※胃捻転(胃拡張捻転症候群)とは
胃の中で急激にガスが発生し胃が膨らみ、
激しい痛みを伴う病気。

 

犬が食後すぐに激しい運動をすると、
胃が揺さぶられて
胃がねじれてしまう恐れがあります。

犬の胃の中の食べ物が腸へ移動できず、
嘔吐して口から吐き出すことも
できなくなってしまうのです。

特にゴールデンレトリバーや
ジャーマンシェパードなど
胸が深い大型犬がなりやすいですが
小型犬や中型犬もなる可能性はあります。

 

そのままにするとショック状態になり、
多臓器不全に陥り
短時間で死に至る危険性が高く、
動物病院などで緊急の治療が必要となります。

 

人間も食後の激しい運動は
腹部が痛くなったりするように、
犬にとっても良くないことで、
ましてや死の危険もあるので、
犬の食後の散歩はなるべく避けた方が安心です。

 

犬の散歩を食後にする場合のメリットや注意点【ダイエットに効果あり?】

犬の散歩は食後よりも
食前の方がおすすめですが
絶対に食後の散歩はダメ!
というわけではありません。

実は、
食後の犬の散歩にも
メリットがあります。

犬の散歩を食後にする場合のメリット

わんこの食べもの事典 (芸文ムック トッピングごはんシリーズ)
犬の散歩を食後にするメリットは
犬のダイエットになるという点です。

エネルギー消費のタイミングとして
犬は食後の1時間後が
もっとも糖質を分解しやすいタイミング
だと言われています。

 

一説によると、
犬は空腹状態で運動をすると、
体がカロリーを節約しようと、
エネルギーの消費を抑えます。

そして、運動後の食事は、
体が糖分を脂肪として蓄えようとします。

そのため食前に散歩しても
ダイエット効果は薄いです。

犬のダイエット効果だけを考えると
食前の散歩よりも食後の散歩の方が
効果を発揮する可能性があるといえます。

犬の散歩を食後にする場合の注意点

サイエンスダイエット アダルト 小型犬用 成犬用 3kg [ドッグフード]

犬の散歩を食後にすると
ダイエットが期待できるメリットがありました。

ただし、前述のとおり、
犬の食後の激しい運動は、
胃捻転のリスクが高まります。

犬が肥満で悩んでいる場合以外は
基本的に食後の散歩をオススメしません。

なおかつダイエットをさせたい場合でも、
食事療法や運動量など、他の方法もあるので、
事前に獣医さんと相談しながら行いましょう。

もしも食後の散歩をする場合は、
食後の休憩を1、2時間とること
意識するようにしてください。

また、食後から数時間経過したあとであっても、
走らせたりはせず、なるべくゆっくり歩く程度が良いでしょう。

 

まとめ

KINLO ハーネス&リードセット 散歩 が楽しくなる選べる カラフルくま柄 胸あて式 犬用リード 小型犬 介護 ハーネス ソフト 軽量 クッションメッシュ 首輪 胴輪 おでかけ 安心安全 丈夫ペット用品 M サイズ

 

今回は、犬の散歩は
食前と食後のどちらが良いか?
についてまとめてみました。

結論を簡単にまとめると
犬の散歩は食前がおすすめです。

そして犬の散歩を食後にする場合は
1、2時間ほどの時間を空けてから
散歩に連れていくようにしてください。

 

散歩と食事のタイミングで、
病気や命の危険のリスクがある。

緊急性の高い病気は、
飼い主がその知識を把握しているか
いないかだけでも助かる確率がまったく変わってきます。

ぜひ今回の記事を参考に、
飼い主と犬の生活リズムを作ってみて下さい。

おすすめの記事