犬がエビを食べると危険?【注意点を徹底解説】

犬がエビを食べると危険?

 

犬はエビを食べても問題なく、
消化することができるのでしょうか?
生のままや加熱したものなど
食べてもいい方法はあるのでしょうか?

 

この記事では
犬がエビを食べると危険な理由や
注意点について徹底解説していきます。

 

 

犬がエビを食べると危険?

えび(Tシャツ・ホワイト)(Lサイズ) (犬田猫三郎)

結論からいうと
犬がエビを食べることは危険です。

加熱した状態のエビの場合
少量であれば犬が食べても問題ありません。

しかし生の状態のエビの場合は
犬が食べてしまうと危険なのです。

 

どうして生のエビが
犬にとって危険なのか?

生のエビを犬が食べると
どのような症状が起きてしまうのか?

以下で詳しく解説していきます。

犬にとって生のエビが危険とされる理由

魚耕 えび むき海老 ブラックタイガー 冷凍 1kg 90~120尾前後 背わた 殻なし

犬にとって生のエビを食べることが
危険だとされている理由は主に3つ挙げられます。

  1. 消化不良
  2. ビタミンB1欠乏症
  3. 神経障害

犬がエビを食べると危険な理由①【消化不良】

iDog アイドッグ Rest RoomGROVE グローブ 愛犬のためのインテリアトイレ ウッディブラウン 犬 トイレ

犬が生のエビを食べてしまうと
消化不良を引き起こします。

それによって、食欲不振になったり、
下痢や嘔吐をしてしまうリスクが生じます。

 

 

犬がエビを食べると危険な理由②【ビタミンB1欠乏症】

Viyoビタミンドリンク:犬用(5袋入)

エビに含まれている
「酵素チアミナーゼ」という成分が
ビタミンB1を分解してしまうため、
ビタミンB1欠乏症になってしまう場合があります。

 

犬の体内でビタミンB1が欠乏すると
体力が落ちて、犬の体の中に
老廃物が溜まりやすくなります。

そして、
発育不良や体重減少といった
命に関わるような重篤症状につながる恐れもあります。

 

※これは豆知識ですが、
酵素チアミナーゼは加熱することで
その酵素が壊されるため
生のエビでなければ犬も食べることができます。

 

犬がエビを食べると危険な理由③【神経障害】

築地丸中 赤海老 2kg 30尾前後!最大級L1サイズ!赤えび 赤エビ 赤海老 あかえび

大量に犬がえびを摂取した場合や
消化不良の症状が進行した場合には
神経障害に伴うふらつきや
痙攣を引き起こすことがあります。

 

 

犬にエビを与える時の注意点

Itian ペット食器 犬猫用ボウル ペットボウル 陶製 お皿 猫ちゃんの耳デザイン かわいい柄

犬にエビを与える場合には

  • 与え方
  • アレルギー

この2つに注意しなければなりません。

犬にエビを与える時の注意点①【与え方】

Zetena エビ 不機嫌 壁掛け式の装飾画 現代壁の絵 壁アート 木製スター 部屋飾り ウォールアート アートフレーム 壁絵 モダン インテリアアート

犬へのエビの与え方ですが、
必ず加熱したものを与えましょう。

また、エビの頭や殻、
尻尾は消化しにくいため
しっかり取り除く必要があります。

身の部分だけにしたら
そのまま犬に与えることはせずに
細かく刻んでから少量与えるようにしましょう。

 

しかし、
サクラエビのような小さなエビは
頭や尻尾などを丸ごと
おやつやサプリメントに使用しています。

そのような場合には
そのまま与えても構いません。

 

 

犬にエビを与える時の注意点②【アレルギー】

【生体】ミナミヌマエビ 100匹 死着補償10匹 エビ シュリンプ 飼育用 エサ用

犬がエビを食べたことで
アレルギー症状が出る場合もあります。

エビに含まれる「トロポミオシン」という
タンパク質によって、
アレルギーを発症してしまう恐れがあるのです。

 

主なアレルギー症状としては

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 体の痒み
  • 体の震え
  • 元気がない
  • 目の充血 など

その犬の体質によって症状が様々です。

 

エビを初めて犬に与える時には
極少量から食べさせるようにし、
普段の様子と変わりないかしばらく観察しましょう。

 

下痢などの場合ですと
消化不良の可能性もあるため
アレルギーでないこともありますが、
症状がみられた際には
かかりつけの獣医師に相談して
検査が必要であればアレルギー検査を受けましょう。

 

 

まとめ


犬がエビを食べると危険なのは
生のエビを食べること、
そして、大量に摂取することです。

 

ほんの少量程度の
加熱したえびをであれば
犬も問題なく消化することができますが
基本的に犬にえびを与えることは避けるようにしましょう。

 

 

 

おすすめの記事