ドッグトレーナーとは【資格は必要?通信講座や専門学校の料金は?】

ドッグトレーナーになりたい!!
と考えているあなたへ。

 

 

ドッグトレーナーになるためには
どのようにしたらなれるのでしょうか?

 

資格が必要なのでしょうか?
通信講座や専門学校に通わないと
資格が取れないのでしょうか?

 

 

この記事では
ドッグトレーナーの仕事内容や
資格を取るにはどんな方法があるか
詳しくまとめていきます。

 

 ドッグトレーナーとは?【その仕事内容】


ドッグトレーナー
とは、
一般の家庭で
ペットとして飼われている犬の
訓練指導を行なう専門的な仕事です。

 

仕事の内容としては
大きく分けて2つあります。

  • 子犬に対するしつけ
  • 成犬に対するしつけ

 

ドッグトレーナーの仕事【子犬に対するしつけ】


子犬に対する
しつけは
これから日常生活を
飼い主と共に過ごしていくための
ルールを教えるために行います。

 

  • 散歩について
  • トイレについて
  • 食事について
  • 来客に対する接し方
  • 留守番の仕方 など

何も知らない子犬に対して、
基本的なしつけ
一からトレーニングします。

 

また、
しつけの他にも
子犬の時期の接し方についても
アドバイスしてくれます。

 

ドッグトレーナーの仕事【成犬に対するしつけ】


子犬の時期は、基本的なルールを
子犬に教えることが目的ですが、
成犬以降の場合は
犬に何らかの問題行動があって
飼い主からしつけを要望されることがほとんどです。

 

しつけの内容としては

  • トイレがきちんと行えない
  • 命令に従わない
  • 吠え癖がある
  • 噛み癖がある
  • 落ち着きがない
  • 散歩中の引っ張り癖 など

 

飼い主では言うことを聞かない犬に
プロとしてしつけを行ないます。

 

またしつけ後には
ドッグトレーナーがいなくなっても、
飼い主の指示犬が指示通り
動けるようになるまで
指導してくれます。

 

ドッグトレーナーには資格が必要?


現在の日本では、
必ずしもドッグトレーナーに
資格が必須というわけではありません。

 

しかし、
ドッグトレーナーとして
犬をトレーニングするプロになるには
犬の訓練の方法だけでなく、
犬の生態や種類、特徴、
食事や病気のことなど
さまざまな犬の知識より深く知る必要があります。

 

ドッグトレーナーとして
飼い主や犬から信頼を得るためにも
資格を取得することをおすすめします。

 

 

ドッグトレーナーの資格を取るには?

ドッグトレーナー・犬の訓練士になるには (なるにはBOOKS)
ドッグトレーナーの資格を取るには

  • 専門学校
  • 通信講座

2つの方法があります。

ドッグトレーナーの資格取得方法【専門学校】


ドッグトレーナーの資格を取るには
犬に関する知識や
技術を身につけるために
専門学校養成学校に通いながら
資格取得を目指します。

 

勉強面だけでなく、
犬と実際触れ合いながら
実技指導を学ぶことができるので、
実践に近い形で行えるのが
学校に通うメリットです。

専門学校の費用

専門学校等で勉強するには
その学校や通学期間によって
多少異なりますが、

入学金、授業料、
施設使用費などを合わせて
約50~100万円程度
標準的とされています。

 

 

ドッグトレーナーの資格取得方法【通信講座】


ドッグトレーナーになるには
通信講座で学びながら資格取得も可能です。

 

近くに学校がなく
通うことができない人や、
仕事の合間をぬって
地道に勉強したい人が
自宅に居ながら知識や技術を
学べることがメリットです。

通信講座の費用

通信講座で勉強する場合には
選ぶ講座によって
多少の違いはありますが、

教材費、添削費、
中には講師から
直接指導してもらえる
講座もあり、
約10~30万円程度
標準的な金額とされています

 

 

まとめ


ドッグトレーナー
になるには
必ずしも資格が必要ではありませんが、
しつけを指導することだけが
ドッグトレーナーに求められていることではありません。

 

犬に対するさまざまな知識
技術を学ぶためには資格取得を目指しましょう。

 

学校に通うべきか、
通信講座として学ぶべきか、
ご自身の生活に合った方法や
メリットを考えた上で選択されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

おすすめの記事