子犬にミルクを飲ませる時期について【いつからいつまで与えるべき?】

ビタワン マミール 子犬のミルク

子犬にミルクを飲ませる時期は
いつからいつまでなのでしょうか?

子犬が欲しがるだけ
ミルクを与えて続けてもいいのでしょうか?

 

この記事では
子犬にミルクを飲ませる時期について
簡単にわかりやすく解説していきます。

 

子犬にミルクを飲ませる時期

ドギーマン わんちゃんの国産牛乳 1歳までの成長期用 200ml×24個入り 【ケース販売】

子犬にミルクを飲ませる時期は
生後3~4週間までです。
※この時期を犬の授乳期と呼びます。

子犬はこの時期に、
母犬のおっぱいから
必要な栄養素を摂取します。

特に新生子期とされる
生後10日くらいまでの子犬は
母犬の母乳をたくさん飲みます。

空腹かどうかに関わらず、
犬の強い生存本能によって
お腹がいっぱいになるまで
母犬のおっぱいを飲み続けるのです。

 

この時期にしっかり母乳を飲まないと
免疫力が弱い犬になってしまい
風邪などをひきやすくなってしまいます。

 

母犬の母乳が足りていないときは?

【2個まとめ買い】ビタワン マミール 子犬のミルク 250g

誕生後3~4週間の子犬にとって、
母犬の母乳は大切な栄養源です。

基本的には
母犬の本能的な授乳に任せますが、
母乳の出が悪いときや
子犬がうまく吸乳できず
成長が思わしくないときは
人工授乳も考えなくてはなりません。

もしも人工授乳を選択する際は
小犬用ミルクを使用するようにしましょう。

 

代用品として人間用の牛乳を使用することはやめてください。

 

子犬にミルクを与えるのはいつまで?

ニチドウ ベビーミルク小型犬用 300g

子犬がミルクを欲しがるままに
与え続けてもいいのでしょうか?

愛犬にミルクをいつまで与えばいいのか?
その適正な時期について
気になる愛犬家も多いかと思います。

 

結論からいうと
生後3~4週間頃を目安にミルクではなく
離乳食に切り替え始めることをおすすめします。

その理由は、子犬が成長していくためには
ミルクだけでは必要な栄養素が補えなくなるからです。

 

さらに、子犬がミルクを飲み続けていると
食べ物を咀嚼(そしゃく)することがないため、
顎や歯の成長、発達が遅れるリスクがあります。

 

そうならないためにも、
子犬の歯が生え始める
生後3~4週間を目安にミルクから
離乳食にだんだん移行する必要があるのです。

離乳食の時期の子犬へのミルクの与え方

デビフ缶 子犬の離乳食 ささみペースト 85g×24缶

子犬に離乳食を開始したからといって、
すぐに母乳やミルクを切り離す必要はありません。

子犬が離乳食をしっかりと
食べれるようになるまでは
母乳やミルクと併用しながら
離乳食を与えることをおすすめします。

こうすることで子犬は
十分な栄養を摂取することができます。

 

最初は離乳食に慣れさせることから始め、
だんだんと子犬に与えるミルクの量を減らし、
最終的に離乳食へ移行できるようにゆっくり進めましょう。

 

離乳食への移行開始期間は
およそ2週間程度を目安にしてください。

 

最後に

ペット乳瓶 子猫 授乳 離乳 ミルクボトル 幼猫 子犬用 小さいミルク用 餌やり 水やり 介護 栄養補給や水分補給 哺乳瓶 薬を飲み瓶 小動物 takehome

子犬にミルクをいつまで飲ませるべきか?

気になっている愛犬家のあなたへ
子犬にミルクを飲ませる時期について
なるべく簡単にわかりやすく解説しました。

少しでも参考になればうれしいです。

 

子犬にミルクを飲ませる時期は
生まれてから3~4週間を目処にし、
徐々に離乳食へ移行していきましょう。

 

子犬は成長するとともに
必要な栄養素が変わっていきます。

生まれた時は母犬の母乳だけ充分でも、
成長していくとそれだけでは栄養が足りなくなります。

 

時期をみて、子犬の成長に合った
正しい食事の方法を飼い主が選択し、
愛犬を食事面でもサポートしましょう🐩

 

 

おすすめの記事