盲導犬訓練士ってどんな資格?【仕事内容や給料も紹介】

盲導犬訓練士」と聞いて
初めて耳にする方でも
どんな職業なのか、
なんとなく想像がつくと思います。

しかし、
どんな資格が必要なのか、
実際にはどんな仕事を行っているのか
知らない方が多いです。

 

この記事では、
盲導犬訓練士の資格や
仕事の内容についてなど
詳しくまとめていきます。

 

盲導犬訓練士ってどんな資格?

プロフェッショナル 仕事の流儀 多和田悟 盲導犬訓練士 イヌは人生のパートナー
盲導犬訓練士という職業には
国家資格があるわけではありません。

 

現在の日本では、
国家公安委員会から指定を受けた
盲導犬育成団体
全国に11団体、14施設ある中で
研修を受けた職員が
盲導犬訓練士として
必要な知識資質を持つと
認定された場合に
盲導犬訓練士」になることができます。

 

また、
盲導犬に対する訓練だけではなく、
目の不自由な方と盲導犬とが
共に生活していけるように指導をする
盲導犬歩行指導員」も合わせて
習得することが求められます。

 

盲導犬訓練士や盲動歩行指導員になるには?


盲導犬訓練士や
盲動歩行指導員になるには
盲導犬育成団体の職員でありながら、
訓練や指導技術といった
実践的なことを学ぶ以外にも
勉強するべき科目もあります。

 

盲導犬育成団体が考案した
養成カリキュラムや
認定基準は以下ようなことです。

  • 犬の訓練技術及び犬に関する知識
  • 視覚障害及び法律に関する知識
  • 視覚障がい者の歩行に関する技術及び知識
  • 盲導犬の歩行指導に関する技術及び知識

 

上記に書いてあるような
知識と技術面を学び、
相応しい能力人格を持つ
判断された者だけが
盲導犬訓練士や盲導犬歩行指導員として認められます。

 

おおよそ、
盲導犬訓練士は3年間
盲導犬歩行指導員は訓練士認定後から
2年間の養成期間が設けられています。

 

 

盲導犬訓練士の仕事内容


盲導犬訓練士の

基本的な就業時間は
朝6時から夕方の4時30分位が多く
夜勤を行うこともあります。

 

仕事の内容としては
犬を盲導犬として仕えるための
指導をするだけでなく、
訓練を受けている犬の
日常生活の世話全般も行います。

 

また、
盲導犬を利用したいと考える
視覚障がい者から問い合わせ
体験要望に応じたり、
実際に盲導犬を利用している方の
フォローアップも行います。

 

他にも
盲導犬として役目を終え引退した犬や
盲導犬に向かなかった犬の
新しい飼い主を見つけることも重要な仕事です。

 

 

盲導犬訓練士の給料は?


盲導犬訓練士の給料は
20万前後が初任給とされており、
税金などを引くと
手取りで17万円前後になるでしょう。

 

10年ほど働くと
おおよそ20万円~24万円前後
20年ほど働くと
おおよそ25万円~30万前後
目安とされています。

 

 

 

まとめ


盲導犬訓練士として働くには
どういう知識が必要なのか、
どうしたら資格が取れるのか

お分かりいただけたかと思います。

 

現在では
盲導犬育成団体が少なく、
募集する定員自体が少ないため
入所するにも狭き門ですが、
視覚障がい者の希望の光となるように
目指す人が一人でも多く増え、
盲導犬がもっと利用できる環境
整う社会になることを願います。

 

 

おすすめの記事