犬に魚を食べさせてもOK?【犬にさかなを与えるメリットや注意点も解説】

犬に魚を食べさせてもOK?

 

結論からいうと
食べさせてもOKです!

 

しかし、
どんな種類の魚でもいいのでしょうか?
また、
生魚は与えても大丈夫なのでしょうか?

 

この記事では
犬に魚を与えるメリットや注意点について
わかりやすく解説していきます。

 

 

犬に魚を食べさせたい!【その種類とは】

冒頭でもお伝えしたように
犬に魚を与えることはOKです。

魚は犬に必要なタンパク源を多く含み、
良質な脂を持ちつつも
低脂肪なのでおすすめの食材です。

 

一括りに魚といっても

  • 白身魚
  • 赤身魚
  • 青魚

と大きく区別されますが、
どんな魚を与えればいいのでしょうか?

 

犬に与えられる魚【白身魚】

白身魚は高タンパク低脂肪なため、
ダイエット中の犬に向いています。

 

犬に与えられる白身魚の種類は

  • ヒラメ
  • タラ

などが挙げられます。

 

タラの中には
カルシウムの吸収を促進する
ビタミンDが含まれているので特におすすめです。

 

犬に与えられる魚【赤身魚】

赤身魚は身の筋肉が
色素タンパク質によって赤く見えるため
赤身魚と呼ばれています。

特徴的なのは
寝ている間も泳ぎ続けているため
身が引き締まっています。

 

犬に与えられる赤身魚の種類は

  • マグロ
  • カツオ

などが挙げられます。

 

マグロは
血液をサラサラにする効果が期待できます。

 

犬に与えられる魚【青魚】

青魚は赤身魚や白身魚とは異なり、
背中の青みなどの表面的な色が
判断基準になっています。

 

犬に与えられる青魚の種類は

  • サバ
  • サンマ
  • アジ

などが挙げられます。

 

アジには
DHAなどの不飽和脂肪酸を多く含み、
アンチエイジング効果が期待されます。

 

 

犬に魚を与えるメリット

犬に魚を与えるメリットは
豊富な栄養素を取り入れられることです。

 

魚の種類にもよりますが
一般的に魚に含まれる栄養素には

  • タンパク質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • タウリン
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)
  • EPA(エイコサペンタエン酸)

などが挙げられます。

メリット①【タンパク質】

魚のタンパク質は肉よりも
体内で消化されやすいとされています。

摂取することで
皮膚や被毛の生成、免疫力のアップにつながります。

メリット②【カルシウム】

カルシウムには
歯や骨を強くする効果があります。

また、
神経系の働きを整えるため
ストレス解消に繋がり、
病気に対する抵抗力を高めてくれる効果も期待できます。

メリット③【マグネシウム】

マグネシウムは
肥満防止や
糖尿病、高血圧予防に効果があります。

メリット④【タウリン】

タウリンは
目の疲労を回復する働きや
血管をきれいにして血液の流れをよくしてくれます。

そのため、
動脈硬化や心疾患の予防に効果的です。

メリット⑤【DHA(ドコサヘキサエン酸】

DHA(ドコサヘキサエン酸)は
脳の働きを活発にし、
学習能力や記憶力を高めてくれます。

そのため、
老犬の認知症予防に効果があるとされています。

メリット⑥【EPA(エイコサペンタエン酸】

EPA(エイコサペンタエン酸)は
血流を悪くするコレステロールや
脂肪分を減らす作用があるため、
動脈硬化や心筋梗塞などの予防に効果的です。

 

 

犬に魚を与える時の注意点

犬に魚を与える時の注意点は
主に7つ挙げられます。

  • 新鮮な魚でも加熱した方が望ましい
  • 干物などは塩分が強いため与えない
  • 頭や骨は取り除く
  • 身は細かくほぐしてあげる
  • 一度にたくさん与えない
  • アレルギーがないか注意する
  • 初めて与える時は極少量からにする

このような注意点を守ることで
犬が消化不良を起こすリスクを低くし、
胃腸に負担をかけず栄養を吸収することができます。

また、
アレルギーの心配もありますので
魚の種類を変えるごとに
極少量から様子を見て与えてましょう。

 

 

まとめ


犬に魚を食べさせることは
病気になりにくい健康的な体作りのために
非常におすすめ食材ではありますが、
消化不良や塩分の摂り過ぎにならないように
注意しながら与えてください。

 

正しい与え方をしていくことで
丈夫な体を維持するとともに、
ストレスを溜めにくく
飼い主との良好な関係が
これからもますます続いていくことでしょう。

 

 

 

おすすめの記事