犬がちくわを食べると危険?

犬にちくわを食べさせるのは危険?

 

焼き魚などとは違って骨もなく、
魚のすり身をまとめたちくわは
安全そうな印象があるのではないでしょうか。

ちくわを犬に与えても
大丈夫なのでしょうか?

 

この記事では
犬にちくわを食べさせるのは危険なのか、
食べさせたらどんな影響があるのかなど
詳しくまとめていきます。

 

 

犬にちくわを食べさせるのは危険?

円形のマウスパッド、コッカースパニエル犬は牧草地のバトンをします動物の賭博のマウスパッド

ちくわは、タラなどの白身魚から
人工的に作られた食品です。

犬にちくわを食べさせることは
危険なのか?どうなのか?

結論からいうと
そこまで危険ではないけど
与えない方がいいです。

ちくわには、犬にとって
すぐに命にかかわるような
危険なものが入っているわけではありません。

 

しかし、ちくわは
人間用に作られた加工食品です。

なので、魚のすり身以外にも
さまざまな調味料が含まれています。

食べることに問題がなくとも
のちのち食べ続けていたら
健康を阻害していまう恐れがあります。

 

犬にちくわを食べさせる危険性とは?


犬にちくわを食べさせることに
どんな危険があるのか、以下に挙げてみました。

  • 塩分が多い
  • 添加物が含まれている
  • アレルギーを引き起こすことがある

危険1【塩分が多い】

人間用に作られたちくわには
多くの塩分が使用されています。

犬の基本的な食事は
ドッグフードがメインです。

そのドッグフードには
一日の塩分摂取量が満たすように作られているため、
ちくわを与えると過剰摂取になる可能性があります。

塩分を過剰摂取し続けていくと
高血圧肝臓心臓などのに大きく負担がかかり
病気にかかるリスク高まります。

 

危険2【添加物】

ちくわにもたくさんの種類があるため
必ずしも含まれているわけではありませんが、
一般的に含まれた添加物

  • 調味料(アミノ酸等)
  • ソルビン酸K(ソルビン酸カリウム)

などがあります。

調味料と表示があるものには
アミノ酸、核酸、有機酸、
ミネラルのどれかが入っていれば

アミノ酸等と表示されます。

これら化学調味料は多く取りすぎると
味覚障害になる恐れがありますので
与えることは望ましくありません。

また、
ソルビン酸K(ソルビン酸カリウム)
細菌やカビの発生、増殖を抑える保存料として
使用される添加物です。


発がん性物質
を作る原因ともいわれ、
さらには免疫障害成長不順のリスクもあるとされています。

 

危険3【アレルギー】

犬の場合にもちくわを食べたことで
食物アレルギーを起こすことはあります。

症状としては

  • 下痢、嘔吐
  • 皮膚の炎症やかゆみ
  • 被毛にフケや抜け毛
  • 目の充血 など

このような症状が出た場合には
動物病院で診察してもらいましょう。

 

ちくわに限らずですが
初めて与える食べ物の場合には必ず少量与え、
異常がなければ少しずつ量を増やしていきましょう。

 

もしも犬にちくわを与える場合には?


もしも犬にちくわを与えたい場合には
以下のような点に気を付けましょう。

  • 与える量は少量にする
  • 茹でて塩分を落とすか塩分の少ないものを選ぶ
  • 添加物の少ないものを選ぶ
  • アレルギーに注意する
  • 犬用のちくわを与える
  • 塩分や添加物を入れない手作りちくわを作ってあげる

全ての項目を守る必要はありませんが、
なるべく犬の体に優しいものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ


犬にちくわを食べさせることは
基本的におすすめできません。

すぐに危険!
ということではありませんが、
決して体にいいものではありません。

 

犬の健康を守っていくのであれば
与えるのは控えるべきですが、
どうしても食べさせたい場合には
ちくわのを考えながら与えるようにしましょう。

 

 

 

おすすめの記事