犬がごぼうを食べると危険?【犬にゴボウを与えるメリットや注意点も解説】

犬がごぼうを食べると危険?

 

ごぼうといえば硬く繊維質なため、
消化に良くないイメージですが
犬に与えるならどのようにしたらいいのか?

そもそも、犬にゴボウを
食べさせてもいいのでしょうか?

 

この記事では
犬にごぼうを食べさせてもOKなのか、
ごぼうを与えるメリットや注意点についても
詳しく解説していきます。

 

 

犬にごぼうを食べさせてもOK?


結論からいうと
犬にごぼうを食べさせてもOKです。

繊維質が多いため消化できるのかと
心配なさる方もいると思いますが、
与え方によっては犬にとっても健康食材といえます。

人間同様、犬の場合でも
便秘解消に効果をもたらしますので
便秘に悩んでいる方は一度試す価値があります。

 

犬にごぼうを与えるメリットとは?


犬にごぼうを与えるメリット
豊富な栄養素を得ることができることです。

ゴボウには、食物繊維だけでなく、
亜鉛やカリウム、マグネシウム、
ビタミン類など
豊富な栄養素も含まれています。

特に効果が期待されるのが

  • セレン
  • イヌリン
  • リグニン
  • カリウム

この4つの栄養素が
犬の体内にさまざまな働きかけをしてくれます。

ごぼうのメリット①【セレン】

ごぼうに含まれている「セレン」には
活性酸素を除去してくれる
抗酸化作用が含まれています。

よって、老化防止や
がん予防などに効果があります。

 

ごぼうのメリット②【イヌリン】

ごぼうの食物繊維に含まれる「イヌリン」には
ビフィズス菌の成長を促し、
腸内環境を整えて善玉菌を住みやすくする効果があります。

また、血糖値を改善する働きもあります。

 

ごぼうのメリット③【リグニン】

ごぼうには不溶性食物繊維の「リグニン」という
解毒作用のある栄養素が含まれていて、
犬の体内に入ってしまった毒素を
排除してくれる働きがあります。

腸内の発ガン性物質を吸着し、
大腸ガン予防にも効果もあるといわれています。

 

ごぼうのメリット④【カリウム】

ごぼうに含まれる「カリウム」は
塩分を排出する働きがあるので、
血圧を維持してくれます。

また、利尿作用が体内の
水分量を調整してくれるので

代謝アップに繋がります。

 

犬にごぼうを与える時の注意点とは?


犬にごぼうを与える時の注意点
以下の2つです。

  • 加熱したものを与えること
  • 細かくしてから与えること

この2つを守ることで
犬の健康に大きく役立ちます。

ごぼうを生のまま与えると
犬の体内では消化しにくいため、
消化不良を起こし嘔吐
下痢をしてしまう可能性があります。

 

また、
大きい形状にしたままでも
同様のことが言えます。

 

必ず茹でて柔らかくしたもの
犬へ与えるようにしましょう。

また、出来る限り細かく刻んだり、
フードプロセッサーなどで
しっかりとすり潰してから与える

消化に良く栄養の吸収も良いのでおすすめです。

 

まとめ


犬にごぼうを食べさせてもOKですが、
消化を良くしてあげるために
茹でて細かくすることを行いましょう。

 

また、体に良いからといって与えすぎは
軟便や下痢を引き起こすこともあるので
大量に食べさせることは控えてください。

 

 

最初は少量から様子を見ていき、
消化不良を起こさなければ
5kgの小型犬30g程度、
10kgの中型犬50g程度
20kgの大型犬90g程度を目安に与えてみましょう。

 

 

 

おすすめの記事