犬が嫌いな食べ物とは?

犬が嫌いな食べ物
ご存知ですか?

 

犬が食べちゃいけない食べ物など
犬に与えると危険な食べ物については
こちらの記事に情報を公開しています。

 

ただし

犬が食べてはいけない食べ物=犬が嫌いな食べ物

ではありません。

 

犬は食べ物を与えれば
何でも喜んで食べる?

そんなこともありません。

 

犬にも
食べ物の好みがあるのです!

 

そこでこの記事では
犬の味覚についてや
犬が嫌いな食べ物について
まとめていきます。

犬の味覚について


犬の舌には
人間と同じく味覚細胞があり、
そこで味を感じることが出来ます。

 

しかし、
犬の舌には
人間の6分の1
味覚細胞しかありません。

なので犬の味覚は
人間ほど敏感ではないのです。

ただ、敏感ではないといっても

  • 甘味
  • 苦味
  • 酸味
  • 塩味

の4つの味を
犬は感じることができます。

 

犬は食べる際に
ニオイ→食感→味→見た目
の順で吟味して食べる傾向にあるようです。

 

なので
犬は嫌いな食べ物を判断する時、
食べる前にまずはニオイ
「あっ、これ嫌い。」
と思うことも多いのです。

 

犬が嫌いな食べ物とは?


犬が嫌いな食べ物として
挙げられるのは
大きく分けて4つあります。

  1. 酸っぱいもの
  2. 苦いもの
  3. 辛いもの
  4. ニオイの強いもの

犬が嫌いな食べ物【酸っぱいもの】

酸っぱい食べ物
嗅覚の良い犬にとっては
非常に刺激の強いものになります。

  • お酢
  • 梅干し
  • レモン
  • グレープフルーツ
  • ミカン

上記に挙げられるものについては
犬が嫌がる場合が多いです。

※例外として、
ミカンなどの柑橘系を好む犬もいます。

ミカンは水分を補給するにはよい食品ですが、
外皮や葉や茎には
中毒性物質を含むものがありますので
犬にミカンを与えるときは
必ず皮を剥いて実だけを与えるようにしてください。

 

犬が嫌いな食べ物【苦いもの】


苦い食べ物
人間でも好き嫌いがあるように
犬も嫌いな場合が多いです。

それはもともと自然界において、
腐敗した食べ物などに含まれる
有害な成分のほとんどが
苦味を感じたことに由来します。

 

苦味=体に悪いもの
ということが
本能的に危険と判断して
犬は拒絶をするのだと考えられています。

犬が嫌いな食べ物【辛いもの】

香辛料などの辛い食べ物
酸っぱいものと同様で
刺激臭が強く、犬は嫌がります。

  • 唐辛子
  • こしょう
  • お酒

犬には与える必要のないものですので、
人間の食べ物を分け与える時には
これらの食べ物が入っていないか確認し、
避けてあげましょう。

犬が嫌いな食べ物【ニオイの強いもの】


酸っぱいものや辛いものにも
共通して言えることですが、
嗅覚を刺激するニオイの強いもの
苦手とされています。

  • 葉物野菜(ネギ類)
  • 空豆

空豆はニオイが独特なだけで
食べても問題がないものです。

しかし、
ネギ類は犬にとって
絶対に食べてはいけない食べ物
ですので決して与えないでください。

まとめ


犬が嫌いな食べ物について
あなたの知識が深まることで
愛犬も安心することでしょう。

 

犬は視覚や味覚よりも
まずは「嗅覚」、つまり匂いで
食べ物を判断して好むということを
忘れないでいてあげてください。

もちろん、
その犬によっても違いはありますが
刺激の強いニオイのするものを
犬は基本的には好みません。

 

犬が食事の時間を
楽しんで過ごせるように
理解して与えてあげてください。

 

犬が好きな食べ物についても
知りたいという方は
こちらも合わせてお読みください。

犬が好きな食べ物は?

 

おすすめの記事