「愛犬家」が集まる犬の総合メディア

トロモロ🐩

犬がポップコーンを食べると危険?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

犬はポップコーンを食べられるのでしょうか?

 

映画を見る時の定番のおやつとして
ポップコーンはよく食べられています。

飼い主が食べていると
欲しそうに近寄ってくる場合、
犬に与えても問題ないのでしょうか?

 

 

この記事では
犬がポップコーンを食べると危険なのか、
もしも与える場合の注意点についても詳しく解説していきます。

 

犬がポップコーンを食べると危険?

ポップコーンは何からできているかご存知ですか?

原料は「とうもろこし」です。

 

犬がアレルギーなどを持っていなければ
とうもろこしは食べることができるため、
ポップコーンも食べることができます。

 

しかも、
ポップコーンはとてもヘルシーで栄養価の高い食べ物です。

与え方に注意すれば、
犬のおやつにはぴったりの食材になります。

 

犬にポップコーンを与えるメリットとは?

犬にポップコーンを与えることは
大きなメリットが3つあります。

  • 栄養豊富
  • 抗酸化作用
  • 病気の予防

 

ポップコーンを与えるメリット①【栄養豊富】

ポップコーンには次のような豊富な栄養素が含まれます。

  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • タンパク質
  • 脂質

このような栄養素が
バランスよく含まれていることで
エネルギーを効率よく作り出し、
疲労回復にも効果が期待できます。

 

ポップコーンを与えるメリット②【抗酸化作用】

ポップコーンに含まれる
ビタミンEやポリフェノールには抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用とは、
活性酸素の働きを抑制してくれることで
体の中の細胞を傷つけないように働きかけてくれます。

そうすることで、
老化防止やがん予防の効果が期待されます。

また、
ストレスから守る効果もあります。

 

ポップコーンを与えるメリット③【病気の予防】

ポップコーンは食物繊維が豊富なため、
お腹の調子を整えたり、
ダイエットにも効果が期待できます。

また、
血糖値やコレステロールなどを正常化させ、
心臓病のリスク軽減や
高血圧、動脈硬化といった生活習慣病の予防にもなります。

 

犬にポップコーンを与える時の注意点

犬の体にとってポップコーンは
おすすめの食材であることを
紹介してきましたが、
与えるにも注意すべきことが3つあります。

  • 人間用のポップコーンは与えない
  • 与える量に気を付ける
  • アレルギーに注意する

 

注意点①【人間用のポップコーンは与えない】

人間用のポップコーンには
油や塩分、糖分の含まれたものがほとんどです。

しかし、
犬が食べる場合にはどれも必要のないものです。

 

塩分の摂りすぎは
心臓や腎臓に負担をかけてしまいます。
また、
糖分は肥満や歯周病、糖尿病の原因になることもあります。

 

特に気をつけなければならないのは
チョコレート味のポップコーンです。

チョコレートは
犬が中毒症状を起こす危険性があるため、
与えたり誤飲しないように注意が必要です。

 

 

犬にポップコーンを与える場合は
油や調味料を使わずに手作りするか、
犬用ポップコーンを与えるようにしましょう。

 

注意点②【与える量に気を付ける】

犬が欲しがるからといっても与えすぎには注意してください。

 

ポップコーンは食物繊維が含まれ、
適量であれば便通改善に役立ちます。

しかし、
食べ過ぎると消化不良により
下痢や嘔吐を起こすこともありますので
少量与える程度にしましょう。

 

ポップコーンに限らずですが、
食べ過ぎは肥満の原因にもなります。

 

注意点③【アレルギーに注意する】

犬によってはとうもろこしで
アレルギーを引き起こすこともあります。

 

もしもアレルギーがある場合には
以下のような症状が現れます。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 痒がる
  • 発疹
  • 目の充血 など

 

犬にアレルギーがあるかはわからないため、
初めて与える時は少量与えて
異常がなければ少しずつ量を増やしていくようにしましょう。

もしもアレルギー症状が出た場合、
早めに動物病院へ受診するようにしましょう。

 

まとめ

犬のおやつにポップコーンはおすすめです!

また、
しつけを行う際のご褒美としても
ちょうどよいサイズで適しています。

 

与える場合には
人間用のポップコーンではなく、
味付けのないノンオイルの物を選んであげましょう。

 

愛犬も飼い主と同じものを食べられることに
きっと喜びを感じてくれることでしょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© トロモロ🐩 , 2019 All Rights Reserved.