マルチーズのしつけ方について

小型犬として大人気の
マルチーズ

見た目の可愛さで
ついつい
甘やかしてしまう方も
多いでしょう。

今回は
マルチーズのしつけ方
紹介していきます。

 

 

 

マルチーズのしつけ方を4つ紹介!

マルチーズのしつけ方を
4点に分けて紹介します。

  • しつけやすい犬種?
  • 人間社会に慣れてもらう
  • 甘やかし過ぎに注意
  • 叱るのではなく褒めてあげる

マルチーズはしつけやすい犬種?

マルチーズは
しつけやすい犬種
だといわれています。

何故そのように
いわれているのでしょうか。

その理由は
賢くて物覚えも
非常に良いからです。

そのうえ
おっとりしていて
温厚な性格で
いたずらも少ないほうです。

まさに
ペットを飼うのが
初めての方にも
オススメできる犬種です。

 

 

マルチーズに人間社会に慣れてもらう

マルチーズには
人間社会に慣れてもらう
ことが大切です。

時期も大切で
「社会化期」
人間社会を慣らせましょう。

社会化期(しゃかいかき)

生後4~12週齢
一生に一度きりの
犬にとって非常に重要な時期。

子犬が自分自身の犬種を理解して、
他種を学ぶことができる時期のこと。

自分と同じ種や、
他種への接し方を学ぶ時期。

また、この時期は
色々な経験を経て、
周りの環境も慣れさせることができる。

つまりマルチーズには
今後生活していく上で
必要となる周りの環境に慣れてもらいます。

たとえば、
飼い主以外の人間から
おやつを食べさせてもらったり、
他人と触れ合う機会を与えましょう。

人間だけではなく、
他の犬とも遊ばせて、
他犬への接し方を学ばせましょう。

ここで大切なのは、
相手の他犬が暴れたり
吠えたりなど乱暴する子だと
トラウマができてしまう恐れがあるので
注意が必要です。

 

 

マルチーズの甘やかし過ぎに注意

続いての
しつけのポイントは
マルチーズの
甘やかし過ぎに注意です。

可愛らしい見た目と
飼い主に従順な性格から、
つい甘やかしてしまう
飼い主さんも少なくありません。

しかし、
甘やかしすぎると
甘えん坊な性格がワガママな性格になり、
一人でのお留守番が
できなくなってしまう子に
育ってしまう恐れがあります。

 

 

マルチーズは叱るのではなく褒めてあげる

マルチーズは
叱るのではなく
褒めてあげましょう

こちらが望んだことをしてくれた場合は
少し大げさなくらい褒めてあげましょう。

怒るしつけよりも
褒めるしつけの方が効果的です。

甘えん坊なマルチーズには
スキンシップも有効です。

毎日少しずつでもいいので
スキンシップとごほうびを
使い分けてしっかりと
しつけをしていきましょう。

 

 

まとめ

今回は
マルチーズのしつけ方について
まとめました。

マルチーズと素敵な生活を送りたい
そんな方にとってこの記事が
少しでも参考になればうれしいです。

 

 

 

おすすめの記事