犬にピーマンを食べさせてもOK?【犬にぴーまんを与えるメリットや注意点も解説】

犬にピーマンを食べさせてもOK?

加熱してないピーマンを
愛犬が誤食しちゃったんだけど。。
これって危険??

もし犬にピーマンを食べさせる時は
ピーマンの種やワタ、ヘタなどは取り除いた方がいいの?

 

この記事では
犬にピーマン食べさせてもOKか、
またピーマンを与えるメリットや
注意点についてもまとめて解説していきます。

 

 

犬にピーマンを食べさせてもOK?

アクセサリー パーツ 部品 材料 手芸 DIY 手作り 販売用 プロ用 パプリカアクリルパーツ(S)/1個販売 野菜 ピーマン 樹脂 バラ売り プレゼント 耳 人気

結論からいうと
犬にピーマンを食べさせることはOKです!

ただし、
ピーマンの種やワタ、ヘタについては
あまり消化に良くないため、
きれいに取り除いて与えるようにしましょう。

 

また、
生のままでも加熱しても
犬はピーマンを食べることができますが、
ピーマンの皮は硬いため
加熱して柔らかくしたものの方が
犬にとって消化に優しいでしょう。

そして、
細かく刻んであげたり、
ペースト状にしてあげるなどの
ひと手間加えることが望ましいです。

 

 

犬にピーマンを与えるメリット

【全5サイズ】ドッグウェア 犬服のトレーナー ワンちゃんがスーパーマンに変身 (Mサイズ(首回り25~30cm 身長約28cm) 8018-3)

犬にピーマンを与えるメリットは
犬が体内で作ることのできない栄養を
たくさん得ることができることです。

ピーマンの主な栄養成分として
以下のような栄養素が豊富に含まれています。

  • βカロテン
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンP
  • ルティン
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム

 

ビタミン類やβカロテン、ルテインなどは
犬の血流を良くし免疫力がアップすることで
病気になりにくい体作りをサポートしてくれます。

ビタミンPは
犬の毛細血管の強化や
その維持の効果が期待されているため、
積極的に摂りたい成分です。

 

また、ミネラル類も
バランス良く含まれており、
犬の骨や歯の強化、老廃物の排出、
促進などにもつながります。

 

犬にピーマンを与える時の注意点

Yanqiao ウォールステッカー おしゃれ はがせる壁紙 犬はメガネ 看板を持つ かわいいのシール式 壁飾り 縁額なし

犬にピーマンを与える時の注意点は

  • たくさん与えすぎないこと
  • 関節や骨の弱い犬、老犬は避ける

この2つに気をつけましょう。

注意点①【たくさん与えない】

日常の一般野菜 ピーマン 1袋

犬にピーマンを与える時には
健康にいいものだからといって
たくさん与える必要はありません。

ピーマンは食物繊維が多い野菜なので
食べ過ぎると消化不良を起こして
嘔吐や下痢をすることがあります。

 

 

犬によって適量が異なりますが、
目安としては体重5㎏の犬に対して
5g程度与えるようにしましょう。

 

ピーマンを食べ終えた後の犬の様子や
犬のウンチの状態などを確認して
いつもと変化がないか注意してみて下さい。

 

 

注意点②【骨の弱い犬や老犬】

ピーマン (カマンベール出版)

ピーマンには微量ではありますが
「アルカロイド」という
毒性のある成分が含まれています。

このアルカロイドは
犬の関節炎を引き起こしたり、
関節疾患を促進・悪化させてしまう
恐れがあるといわれています。

もともと骨の弱い超小型犬や
関節が弱くなる老犬、
関節炎などの持病のある犬は
食べることを避けるか、
かかりつけの獣医師に相談しましょう。

 

 

まとめ


犬にピーマンを食べさせることはOKですが、
消化によくするためにも
種やワタ、ヘタは取り除いて
細かくしたものを与えるようにしましょう。

 

加熱は必ずしも必要
というわけではありませんが、
加熱してもビタミンが壊れにくいので
加熱した方がおすすめです。

 

しかし、
関節や骨の弱い犬の場合には
症状を悪化させる危険性があるため、
与えない方が望ましいでしょう。

 

 

 

おすすめの記事