子犬に首輪をつける時期はいつ?

子犬首輪をつける時期って
いつ頃がいいのでしょうか?

 

 

生まれてすぐ?

散歩し始めるときから?

家の中だからしなくてもいい?

 

 

この記事では
子犬が首輪をつける時期は
いつが最適なのか?
その答えについて
理由と共に解説していきます。

またそれだけではなく、
子犬に首輪をつけるときの方法についても
わかりやすくまとめていきます。

 子犬に首輪をつける時期はいつ?

ペット用首輪 猫用首輪 調節可能な小型犬用首輪 可愛い蝶結びのおしゃれ飾り 鈴付ピンク
子犬に首輪をつける最適な時期は
いつだと思いますか?

普通、首輪をつける時は
散歩をする時ですよね。

なので
散歩を開始するときに
子犬に首輪をするかどうか
迷う方が多いかと思います。

しかしです。

実は、初めての散歩を開始する前から
子犬に首輪をつける
練習をさせておくこと
が必要だとされています。

 

いざ、
外の散歩へ行こうとしたときに
初めての首輪に慣れず、
また、外の環境にも慣れずで
子犬は不愉快な気持ちや
不安な気持ちを同時に抱いてしまうかもしれません。

その子犬の気持ちを
少しでも軽減させるために
事前に首輪に慣れさせておくことが大切なのです。

 

ちなみに
子犬の散歩の開始時期は
生後3~4カ月頃からがいい言われています。

参考:子犬の散歩はいつからすべき?

つまり
生後3~4カ月の前に
子犬に首輪をするのがベストです。

 

初めて散歩を開始する日の
1、2週間ほど前から
子犬に首輪をつける練習を
開始することをおすすめします。

 

子犬に首輪を慣れさせる方法

Demiawaking 中小犬用首輪 バックル カラフル 帆布+レザー  (M)
子犬に首輪を装着する前に
首に巻かれることに対して
抵抗がなくなるように
家の中で練習しましょう。

 

首輪ですと多少重みもあり、
ハードルが高いかもしれません。

なので
リボンバンダナなど
軽くて負担の少ないもの
選んで慣れさせる方法がおすすめです。

Petacc 犬用 ペット ドッグ用 スカーフ 小型犬 猫用 かわいいおしゃれな アクセサリー 2セット (カラー)

 

タイミングとしては
食事の時間がとてもしつけやすいです。

食事の時間を利用すると
子犬は食事に夢中になっているので
あまり抵抗なくつけていられます。

またそれだけでなく
首にリボンやバンダナを巻けば
「ご飯が貰える」「いいことがある」
と子犬が学習していきます。

 

やがては食事の時間以外にも
バンダナやリボンを身につけさせて、
徐々に時間を伸ばしながら
最終的に首輪の装着を目指しましょう。

関連:【犬は首輪が嫌い?】いぬに首輪をするメリットとデメリット

 

子犬への首輪の付け方


子犬へ首輪をつけるとき
きつすぎるのは危険ですし、
緩すぎては抜けてしまうので
首輪の意味がありません。


子犬に首輪をつけたときに
輪の中にあなたの指が
1本程度入るきつさが最適です。

 

首輪のサイズは多数ありますので
事前に子犬の首のサイズを量ってから
合うものを買いに行ってあげてください。

 

首輪に慣れてきたら【散歩へ出かける前に】


子犬が首輪に慣れてきたら、
いよいよ散歩へ
というわけにはまだいきません。

 

もう少し準備が必要です。

 

まずは、子犬の首輪を
飼い主が直接首輪をもって
歩く練習をしましょう。

子犬が歩かない場合は
無理やりひっぱったりはせずに
おやつで誘導させましょう。

関連:犬が散歩で歩かない理由【立ち止まって動かない時の対策も解説】

手で首輪を引いて
子犬がスムーズに歩けるようになったら、
次はリードをつけて歩いてみましょう。

 

首輪を直接持つときと同様に
リードをひっぱったりはせずに
おもちゃおやつを使って歩く練習をしてから
いよいよ散歩へ出かける準備が整います。

 

子犬に首輪を着けた後の注意点


子犬に首輪を日常的に着け始めたら
皮膚の状態を念入りに観察してあげましょう。

首輪が皮膚に負担をかけることがあり、
擦れや雑菌が溜まることで
痒がる子犬も中にはいます。

また、
子犬の成長は早いので
すぐにサイズが合わなくなったります。

 

着けっぱなしにはせずに
健康管理、安全管理の為にも
首輪に気を配るようにしましょう。

 

 

まとめ


子犬に首輪をつける時期は
いつが最適なのか?
また、首輪に慣れさせる方法
その注意点などを紹介しました。

愛犬家のあなたにとって
この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

 

なかなか首輪に慣れない子犬や
始めから首輪を受け入れてくれる
子犬とさまざまですので、
その子犬にあったペースで
徐々に進めていきましょう。

 

「早く散歩へ連れて行ってあげたい」
と焦る気持ちは禁物です。

 

子犬が首輪を受け入れてくれるのを
気長に待ってあげましょう。

 

おすすめの記事