犬に牛乳を与えてはいけない理由を徹底解説【犬用のミルクがある?】

犬に牛乳を与えてはいけないことを
ご存知でしょうか?

 

犬用のミルクが売られているのには
人間用の牛乳を与えてはいけない理由がちゃんとあります。

 

そこでこの記事では
犬に牛乳を与えてはいけない理由を
徹底解説していくとともに
犬用のミルクについても紹介していきます。

 

 

犬に牛乳を与えてはいけない理由

犬に牛乳を与えてはいけない理由は
主に3つ挙げられます。

  • 乳糖を分解できない
  • 病気のリスク
  • アレルギー

犬に牛乳を与えてはいけない理由①【乳糖の分解ができない】

犬に牛乳を与えてはいけない
その理由としてまず挙げられるのが
牛乳に含まれる「乳糖(ラクトース)」という
成分を分解できないことです。

 

もともと子犬の頃には
母犬のお乳を飲んで育つため、
乳糖を分解することができます。

しかし、
成長するとともに
乳糖を分解する成分である
ラクターゼが少なくなっていき、
上手く消化することができすに
下痢を引き起こしてしまいます。

 

このことを
「乳糖不耐症」といいます。

 

特別な病気などではなく、
どんな犬にも起こりうる症状なのです。

 

犬に牛乳を与えてはいけない理由②【病気のリスク】

牛乳には豊富な栄養が含まれていますが
カロリーが高いため、
飲みすぎると肥満の原因になります。

また、
牛乳に含まれるカルシウムは
体や骨を丈夫にしてくれる成分ですが、
ほうれん草やブロッコリーなどの
シュウ酸が含まれる食材と一緒に食べると
結石を作ってしまう可能性があります。

結石を患っていたり、
結石になりやすい体質の場合、
食べ合わせには特に注意が必要です。

 

 

犬に牛乳を与えてはいけない理由③【アレルギー】

乳糖を分解できない乳糖不耐症とは違い、
牛乳そのものにアレルギーがある場合もあります。

アレルギーの場合の症状としては

  • 体の痒み
  • 湿疹
  • 目の充血
  • 抜け毛
  • 嘔吐
  • 元気がない など

下痢だけでなく、
上記のような症状がみられた場合には
アレルギーが疑われます。

 

獣医師の判断によっては
アレルギー検査を受けられたほうがいいでしょう。

また、
もしも牛乳アレルギーであれば
他の乳製品にも気をつけなければなりません。

 

 

もしも犬が牛乳を飲んでしまったら?【対処法について】

飼い主が犬に与えていなくても
犬が勝手に牛乳を飲んでしまった
というトラブルは非常に多いです。

何の異変もなく元気に過ごす犬もいますが
多くの症状としては下痢を繰り返します。

 

一度で済むようであれば
特に問題はありませんが、
何度でも下痢が続くような場合は
その日のフードやオヤツは与えないようにしましょう。

それでも下痢が治まらないときや
元気のない様子であれば
早めに動物病院へ行き診察を受けましょう。

 

 

犬用ミルクとは?【その特徴について】

犬用ミルクの特徴は
予め乳糖を分解する成分が入った牛乳、
あるいは
乳糖そのものが入っていない
脱脂粉乳から作られた牛乳など、
種類は豊富にあります。

 

また、
アレルギー体質の犬に向けた
ヤギミルクはアレルギーを起こしにくいと人気があります。

 

 

まとめ


犬に牛乳を与えることは
下痢を引き起こす原因となり、
ひどい場合には
脱水症状になることもありますので
安易に与えてはいけません。

 

もしも牛乳のような
栄養成分を摂りたい場合には、
犬用のミルクを選んであげましょう。

 

しかし、
犬用のミルクといっても
初めて与える時は少量からにし、
体調に変化がないかどうか確かめてから
適正量を与えるようにしましょう。

 

 

おすすめの記事