犬がレンコンを食べると危険?【犬にれんこんを与えるメリットや注意点も解説】

犬がレンコンを食べると危険?

 

人間が普段レンコンを口にするときは
基本的に加熱調理して食べますが、
犬にも加熱調理したレンコンを与えていいのか?

もし犬にレンコンを与えてもOKだとしたら
犬にはどのようにして与えればいいのか?

 

この記事では
犬にレンコンを食べさせてOKなのか、
レンコンを与えるメリットや注意点なども
なるべくわかりやすく解説していきます。

 

犬にレンコンを食べさせてもOK?

iliosmile(イリオスマイル) 国産・無添加手作りごはんの具 乾燥野菜れんこん

犬にレンコンを食べさせることはOKです!!

犬にレンコンを与える際
生のままでも加熱しても問題ありません。

 

しかし、レンコンには
食物繊維が多く含まれています。

そのため
消化が苦手な犬への与えすぎは
消化不良を起こしてしまったり、
便秘下痢になることもあるので注意が必要です。

 

特に老犬子犬の場合には
避けた方が望ましいです。


健康な犬にとって
食物繊維を適量与えることは

健康維持に役立ちます。

 

犬にレンコンを与えるメリットとは?

プライムケイズ 国産・無添加手作りごはんの素 『健康一番』(570g) 犬猫用

犬にレンコンを与えるメリット
犬の体の健康にいい影響を与えることです。

レンコンには
次のような栄養素が含まれているため
犬の健康的な身体作りに大きく役立ちます。

  • 糖質(デンプン)
  • 食物繊維
  • ミネラル
  • ビタミンC
  • ビタミンB6
  • タンニン

レンコンの主な栄養分は糖質(デンプン)で、
糖質はエネルギーの源となり
いち早く犬の身体の中で働いてくれます。

食物繊維は消化に時間がかかるので、
その分だけ血糖値が上がるスピードも遅く、
インスリンに負担がかかりにくいので
犬の糖尿病を予防するとされています。

 

そしてビタミンCは
犬の疲労回復や老化防止に、

ビタミンB6は犬の血液を作る役割をします。

 

タンニンには
ポリフェノール成分が含まれており
犬のガン予防にも役立つとされています。

 

レンコンは食物繊維が豊富なので
便秘気味の犬にもおすすめです。

 

犬にレンコンを与えるときの注意点とは?


犬にレンコンを与える際
与え方には注意が必要です。

食物繊維の多いレンコンは
犬の胃腸に大きく負担をかけるリスクがあります。

 

その負担を少しでも減らすために

  • 薄く切る
  • 細かく刻む
  • すりおろす

といった消化しやすい形状にしてから
犬にレンコンを与えるようにしましょう。

特に消化に良い
すりおろす」ことをおすすめします。

 

犬がレンコンを食べて体調を崩すこともある?


犬にレンコンを与えても
問題ないとお伝えしてきましたが、
どんな犬でも必ずアレルギー症状を起こさないとはいえません。

 

犬がレンコンを食べた後、
体調に異変が起こることもあります。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 皮膚が赤くなる、痒くなる
  • 目の充血
  • 呼吸が荒くなる

などといった症状が犬にみられた場合には
すぐに動物病院へ受診しましょう。

 

 

ただ、与えすぎて吐き出してしまった場合や
もともと体調が悪くて消化ができないこともあります。

 

気をつけていただきたいのが、
肝臓や腎臓に何かしらの疾患がある犬にとっては
レンコンに含まれるタンニンによって
肝臓や腎臓に障害を与えてしまう可能性が否めませんので
前もって与えてもよいのか病院で相談が必要です。

 

どんな場合にも与える量に十分注意しながら
異変が感じられたときには獣医師に診察してもらいましょう。

 

 

まとめ


犬にレンコンを食べさせてもOKですが、
与え方与える量に配慮しながら食べさせてあげましょう。

 

犬は消化が苦手な上に
噛まずに飲み込んでしまう食べ方をします。

すこし手間にはなりますが、
レンコンを与える形状は
なるべく細かくしてから犬に
与えるようにしましょう。

 

 

おすすめの記事