犬にさつまいもを食べさせてもOK?【カロリーや糖分に注意が必要?】

犬にさつまいもを食べさせてもOK?

 

結論からいいますと、
犬にとって危険な成分は入っておらず
食べさせることはOKです!

 

ですが、
犬にさつまいもを与えることは
メリットがあるのでしょうか?

また、犬のさつまいもを与える時の
注意点についてもわかりやすく解説していきます。

 

 

犬にさつまいもを食べさせてもOK?

ペティオ (Petio) 素材そのまま さつまいも 7歳からのやわらかスティックタイプ 150g×3個セット

冒頭でもお伝えしたように
犬にさつまいもを食べさせてもOKです。

 

さつまいもはいも類の中で甘味が強く、
好んで食べる犬が多いようです。

主成分は炭水化物ですが
多くの種類のビタミン、ミネラル等が
バランスよく含まれています。

 

犬がさつまいもを食べるメリット

ドギーマン さつまいも入りボーロ 60g×6個セット

犬がさつまいもを食べるメリットは
主に4つ挙げられます。

  • 便秘解消
  • エネルギー
  • 抗酸化作用
  • 利尿作用

さつまいものメリット①【便秘解消】

シンビオアニマルケア ペットの腸内環境を整える土壌菌サプリメント 15g

さつまいもに含まれる
ヤラピンと食物繊維によって
犬の便秘解消に効果があります。

ヤラピンとは生のさつまいもを切った時に
切り口からにじみ出る白い液体のことです。

ヤラピンには犬の胃の粘膜を保護したり、
犬の腸の蠕動運動を促進させてくれるので
犬のお通じ改善に効果があるといわれています。

 

さつまいものメリット②【エネルギー】

Delxo ベビーゲート ペットゲート 片手で操作ができ 取り付けも簡単 設置幅73-86cm 行き来しやすい 丈夫で149キロの衝撃力に耐えられる

さつまいもに含まれる
炭水化物とビタミンB6は
犬の体を動かすためのエネルギーとなります。

特にビタミンB6は
たんぱく質がエネルギーに変わる際に
酵素のサポート役として働くため
犬にとって、必要不可欠なビタミンです。

 

さつまいものメリット③【抗酸化作用】

ゲンダイ (GENDAI) ザ・ビタミン(犬用) 粉末25g(0.5gスプーン付)

さつまいもに含まれる
ビタミンCやビタミンEには
犬の老化防止やがん予防となる
抗酸化作用の働きがあります。

 

ビタミンCは犬の体内で生成できますが、
老犬や、病気になった犬については
多くのビタミンCを必要としますので
積極的に摂取することをおすすめします。

 

 

さつまいものメリット④【利尿作用】

ディーエイチシー (DHC) 愛犬用おしっこすいすい60粒

さつまいもに含まれるカリウムは
利尿作用があるため、
体内の水分量が調節されることで
代謝アップにつながります。

また、
余分な塩分も排出してくれるので
犬の血圧の維持にも効果があります。

 

犬にさつまいもを与える時の注意点

ペティオ (Petio) 素材そのまま さつまいも スティックタイプ 550g

犬にさつまいもを与える時には
3つの注意点があります。

  • カロリーオーバー
  • 糖分
  • 消化不良

さつまいもの注意点①【カロリーオーバー】

伊勢藤 小型犬専用フードボウルすべり止め付きホワイト

さつまいものカロリーは
100gあたり134㎉と
さほど高カロリーには感じません。

しかし、
主成分が炭水化物ですので
犬はさつまいもを食べ過ぎると
太る可能性が高くなります。

ドッグフードの量と調節しながら
数日に一回少量程度にして、
毎日与えることは避けましょう。

 

さつまいもの注意点②【糖分】

『シルクスウィート』ねっとり甘い さつま芋 サイズ無選別 家庭用 わけあり品 1箱8kg

さつまいもは芋類の中でも
甘味が強いのが特徴的で、
その中には多くの糖分が含まれています。

糖分を大量に摂取したことで
中毒症状を起こすような害はないものの、
長期に渡って食べ続けていくと
犬の肥満の原因や糖尿病などの
健康被害を引き起こす可能性があります。

 

さつまいもの注意点③【消化不良】

ZCB-48644 / デコレ concombre コンコンブル 「ふるさとの秋」ふかし芋 / インテリア / 飾り / 装飾 / フィギュア / DECOLE / ギフト / プレゼント

犬にさつまいもを与える時には
生で食べても問題はありませんが
消化に良くないため、加熱したものを与えましょう。

さつまいもはゆっくり熱を加えていくことで
甘みが増しますので、
ふかしいもが簡単でおすすめです。

 

そのまま犬に与えるのではなく、
よく冷ましてから
喉に詰まらせてしまわないように
細かく刻んだものを与えてください。

さつまいもの皮は
取り除いた方が消化に優しいです。

 

まとめ


犬にとってさつまいもは
喜ばれる食材です。

しかし、
欲しがるままに与えすぎてしまうと
消化不良や肥満の原因となるため、
少量程度にしておきましょう。

 

また、さつまいもでも
砂糖が使われている加工品や
干し芋などは糖分が高いため、
犬に与えないようにすることをおすすめします。

 

 

 

おすすめの記事