犬に生肉を食べさせてもOK?【犬に生肉を与えるメリットや注意点も解説】

犬に生肉を食べさせてもOK?

 

犬の祖先であるオオカミは
狩りをして動物の肉を食べていたため、
犬も問題なく生肉が食べられるはず?!

 

でも、与えることに心配な気持ちもあります。

 

そこでこの記事では
犬に生肉を食べさせても大丈夫?
生肉を与えるメリットや注意点について
詳しく解説してきます。

犬に生肉を食べさせても大丈夫?

犬に生肉を食べさせることは大丈夫です。

人間とは違い犬にとって生肉は
野菜類や穀物よりも
消化吸収しやすい食べ物です。

 

犬の消化液は
脂肪やタンパク質に特化した
消化酵素が主体で、
生肉や骨を分解する強力な胃酸を持っています。

その強力な胃酸は
人間の20倍といわれるほどです。

 

そのため、
犬にとって生肉は
スムーズな消化吸収ができる食材といえます。

犬に生肉を与えるメリットとは?

犬に生肉を与えるメリットには
主に2つ挙げられます。

  • 豊富な栄養素
  • 健康管理・維持

生肉のメリット①【栄養素】

生肉には犬にとって必要な
酵素やミネラル、ビタミンなどが豊富含まれています。

特に生肉に含まれる食物酵素は熱に弱く、
加熱加工した肉や
ドライフードには含まれないため
生肉の最大のメリットといえるでしょう。

 

また生肉は
胃に入ってから4~5時間で腸に達し、
その後すぐにエネルギーへと変わるため
活発に動くために大きく役立ちます。

生肉のメリット②【健康管理・維持】

生肉の良質な動物性たんぱく質を
スムーズに消化吸収することは
体内で必要以上に
エネルギーを使わずに済むため、
免疫力を向上させることができます。

また、
新鮮な脂肪分やタンパク質は
毛艶の健康維持に働きかけてくれたり、
生肉の酵素や良性菌などによって
口腔内の環境を整えて
歯垢・歯石が付きにくく、
虫歯や歯周病予防にもなります。

犬に生肉を与える時の注意点

犬に生肉を与える時の注意点は
次の3つに気をつけましょう。

  • 新鮮なもの
  • 与える形状
  • 与え方

注意点①【新鮮なもの】

犬に生肉を与えるときには
必ず新鮮なものを与えるようにしましょう。

生肉には寄生虫や食中毒になるリスクがあります。

 

特に生の豚肉は
寄生虫に感染していることが多いため、
生食することはやめましょう。

 

もしも新鮮なお肉であっても
生肉を与えることに不安がある方は
マイナス20℃の冷凍庫で
48時間以上冷凍しておくと寄生虫は死滅します。

解凍すれば生のままでも安心して
食べさせてあげることができます。

注意点②【与える形状】

犬に生肉を与える時には
脂肪分や骨がある場合は取り除きましょう。

特に骨は丸ごと飲み込んでしまうと
腸で詰まらせたり、
内臓に突き刺さる危険性もあるため、
必ず取ってください。

また、
肉は塊のまま与えるのではなく、
細かく刻んだものを与えるようにしましょう。

注意点③【与え方】

生肉が犬の体にとって良いものといっても
生肉だけを食べることはおすすめできません。

やはりドッグフードと併用して
与えることが望ましいです。

その場合、
ドライフードの量を20~30%ほど減らし、
減らした分生肉をトッピングしてあげましょう。

また毎日ではなく、
週に1、2日程度を目安にしてください。

まとめ


犬に生肉を食べさせても大丈夫ですが、
消化不良や食中毒にならないために
必ず新鮮なものを選び
犬が食べやすいように与えることを心がけましょう。

 

生肉を与えることに不安がある方は
無理に与える必要はありません。

しかし、
生肉に含まれる酵素によって
健康な体を維持・向上してくれる
大きな役割があるので
少量ずつお試しになってみてはいかがですか?

おすすめの記事