犬がわかめを食べると危険?【犬にワカメを与えるメリットや注意点も解説】

犬にわかめを食べさせると危険?

 

わかめは消化に悪くないのかな?
塩分が多くないのかな?と
犬に与える際に心配される
愛犬家の飼い主さんもいるかと思います。

 

この記事では
犬にわかめを食べさせてもOKか、
与える場合のメリットや注意点も併せて
詳しく解説していきます。

 

犬にわかめを食べさせてもOK?

チョイめし わかめちゃん 80gx10個セット
犬にわかめを食べさせることは
基本的にOKだとされています。

人間に限らず犬にとっても
必要な栄養素がギュッと含まれており、
健康増進へつながる食材といえます。

 

しかし、
スーパー等で売られている
人間用の普通のわかめは
犬にとっては塩分が多いので、
塩分が入っていない「無塩わかめ」や
減塩わかめ」を選ぶようにしましょう。

 

 

犬にわかめを与えるメリットとは?

犬にわかめを与えるメリットとして、次の3つ挙げられます。

  1. 食物繊維豊富
  2. ミネラル豊富
  3. ビタミン豊富

食物繊維が豊富【犬にわかめを与えるメリット】

犬 猫用 無添加 食物繊維 サプリ(すっきり繊維 60g)粉末 オーガニック

わかめに含まれる食物繊維には
セルロースアルギン酸などが多く含まれています。

セルロースは
水に溶けない食物繊維
腸の中で水分を吸収して膨らみ
犬の便を柔らかくしてくれる効果があります。

 

アルギン酸は
水に溶ける食物繊維
犬の血中のコレステロールを
吸着して減らしてくれたり、
犬の腸内細菌のバランスを
整えてくれる効果があります。

 

ミネラルが豊富【犬にわかめを与えるメリット】

ペット用水素水 ゼロミネラル 330ml×30本 ペット水素水 犬 猫 水素水 ペット用 犬用 猫用 ペット用飲料水

わかめには以下のような
ミネラルが非常に豊富です。

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • ナトリウム
  • ヨウ素(ヨード)

カルシウムは犬のの成長に役立ち、
マグネシウムは犬の血圧調整、
犬の体の体温調整
などの役割をします。

 

カリウム、ナトリウムは
犬の体内の恒常性を保つ働きがあったり、
ヨウ素(ヨード)には
犬の体の新陳代謝を調節し
甲状腺ホルモンの働きを促進するための
栄養素が含まれています。

 

ビタミンが豊富【犬にわかめを与えるメリット】

ゲンダイ (GENDAI) ザ・ビタミン(犬用) 粉末25g(0.5gスプーン付)

わかめに含まれるビタミンは
AB群Cなどさまざまな種類が含まれています。

 

中でもビタミンB群に含まれる「葉酸」には
犬の動脈硬化のリスクを下げるなどの
犬の体内細胞の健康を保つ働きをしてくれます。

 

 

犬にわかめを与えるときの注意点とは?


栄養価の高いわかめですが
犬に与える際には5つ注意点があります。

 

  1. 塩気を取るために与える前によく洗う
  2. 乾物わかめを使用する時はしっかり水で戻す
  3. 与える形状は細かくみじん切りにする
  4. 一度に大量与えない
  5. 毎日ではなく多くとも1週間に2、3回程度少量にする

 

犬の健康を保つためには
タンパク質が不可欠です。

肉やドッグフードを中心に考え、
わかめはトッピング程度として与えるようにしましょう。

 

まとめ


犬にわかめを食べさせることはOK
犬の身体にとっても栄養効果の高いものだと
お分かりいただけたかと思います。

 

ただし塩分を含む食材ですので
与える頻度や量に注意しながら
犬の健康に役立てる与え方をしていきましょう。

 

 

おすすめの記事