2019/03/30

犬がベーコンを食べると危険?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

犬がベーコンを食べても問題ない?

 

ベーコンには
犬にとって必要なタンパク源を含み
手軽に食べさせることができますが、
犬に与えてもいいのでしょうか?

 

この記事では
犬がベーコンを食べると危険なのか、
危険と言われる理由についても詳しく解説していきます。

 

犬がベーコンを食べると危険?

犬がベーコンを食べることは
すぐに中毒症状を起こす危険はないものの、
与えていいものではありません。

 

人間用に作られているベーコンは、
犬にとっては味が濃すぎるものです。

犬がベーコンを食べ慣れてしまうと
濃い味を好むようになり、
いつものフードを食べなくなってしまうことがあります。

フードを食べられなくなると
栄養バランスが偏り、
丈夫で健康な体を維持することができなくなります。

 

そのため、
ベーコンだけでなく、
他の加工肉であるハムやソーセージも同様に与えないほうがいいでしょう。

 

犬がベーコンを食べない方がいい理由

ベーコンには犬が必要とする
たんぱく質が多く含まれていますが、
食べない方がいいとされる理由には次の3つがあります。

  • 塩分が多い
  • 添加物を含んでいる
  • 肥満の原因

 

食べない方がいい理由①【塩分が多い】

人間の加工肉は塩分を多く含み、
ベーコン100gあたりですと
約2~2.5gほどの塩分が含まれています。

 

犬の塩分の適正量は体重1㎏あたり0.127gです。

そのため、
4㎏の犬の場合ですと
25gのベーコンを食べただけで1日の適正量を超えてしまうことになります。

 

犬が塩分を過剰に摂取すると
舌が塩分過多状態となり、
体温調節がうまくできず免疫力が低下してしまいます。

 

多少誤飲した程度では問題ありませんが、
日常的に塩分を摂りすぎるようになると
次のような病気を引き起こす可能性もあるのです。

  • 腎臓病
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 皮膚が痒くなる
  • 発疹
  • 皮膚炎

 

食べない方がいい理由②【添加物を含んでいる】

ベーコンなどの加工肉には
ものによって多くの添加物が含まれています。

使われることの多い添加物は次のような物です。

  • 亜硝酸ナトリウム
  • 着色料
  • ソルビン酸カリウム
  • リン酸塩

 

 

このような添加物をとり続けると
犬の体内に悪影響を及ぼすこともあります。

  • 発育不良
  • 蕁麻疹
  • アレルギー
  • 肝臓障害
  • 貧血
  • 骨のトラブル
  • ガン

 

アレルギーでなければ食べてすぐに
異常が出ることはありませんが、
食べ続けることにはリスクがあることは覚えておきましょう。

 

また添加物はベーコンだけでなく、
ドッグフードに含まれてるものもあります。

今食べているフードの袋の
裏面の原材料を確認してみるといいかもしれません。

 

食べない方がいい理由③【肥満の原因】

ベーコンは主に
豚のバラ肉から作られているため、
多くの脂肪分が含まれています。

そのため食べ過ぎると
カロリーオーバーとなり肥満の原因になります。

 

肥満は生活習慣病を招き、
さまざまな病気を引き起こす
きっかけとなりますので注意が必要です。

 

もしも犬にベーコンを与える場合の注意点

もしも犬にベーコンを与える場合には
次のようなことに注意して与えるようにしましょう。

  • アレルギーに注意する
  • 加熱が必要なものは火を通す
  • 人間用の物なら塩抜きする
  • 犬用のベーコンを選ぶ

 

できれば人間用の物ではなく、
犬専用の物が売られているため
そちらを選んで与えるようにしましょう。

また、
豚肉でアレルギーを起こすこともあるため、
食後に異変がないか見守るようにしてください。

 

まとめ

もしも犬がベーコンを欲しがっても
与えることはおすすめできません。

 

それでも与えたい場合には
犬用の物を選んだり、
塩抜きするなどひと手間加える必要があります。

しかし、
添加物を全て取り除くことはできないため、
病気のリスクはなくなりません。

 

犬の健康を守りたいのであれば、
高タンパク低カロリーの肉類や卵を与えることをおすすめします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 愛犬家が集まる「トロモロ」 , 2019 All Rights Reserved.