犬にわさびなどの刺激的な食べ物を与えてはいけない理由

犬にわさびなどの刺激物を与えてはいけません。

 

人間の赤ちゃんや子供に対して
わざわざ与える人もいないでしょうし、
大人でも苦手な人はたくさんいます。

そんな刺激のあるものが
犬にとっていいものと思う愛犬家は
この世界にほとんどいないかと思います。

 

この記事では
犬にわさびなどの刺激的な食べ物を
与えてはいけない理由について
わかりやすく説明していきます。

 

 

犬にわさびを与えてはいけない理由


犬は基本的に
刺激が強すぎる食べ物を避けます。

なのでわさびに好んで近づいたり
自ら進んで食べたりする犬はほとんどいません

たとえ犬がわさびを口にしたとしても
少量であれば大きな健康被害はありません。

ただし、犬は口の中で
痛みや辛みに襲われることとなるでしょう。

もしも大量に食べてしまった場合には
胃粘膜を刺激して胃炎を起こしたり、
嘔吐や下痢を起こす場合があります。

 

 

犬にとって、わさび以外の刺激的な食べ物とは?


犬に与えてはいけない
わさび以外の刺激的な食べ物として

  • からし
  • 唐辛子
  • こしょう
  • カレー粉などの香辛料

などが挙げられます。

 

どれも犬の消化器に大きな負担をかけ、
口腔内の痛み、胃の痙攣・麻痺、
嘔吐・下痢といった
わさびと同様の
犬にとって悪い症状が起こる可能性があります。

 

 

わさびなどの刺激的な食べ物は、犬の噛み癖のしつけに効果的?


犬にわさびは与えてはいけないもの
としてお伝えしてきましたが
わさびなどの刺激物を使って
犬の噛み癖を矯正する方法があります。

全てのものに
使用できるわけではありませんが、
壊されたら困るものに
少量のわさびを塗っておくと
犬が噛んだときにわさびの辛さ驚き
もう次から噛もうとしなくなるのです。

少量で十分効果がありますので
大量使用は犬の健康のためにやめましょう。

 

犬の噛み癖の直し方は
他にもいろいろとあるため
この方法はあまりおすすめしませんが効果は抜群です。

 

犬の噛み癖対策にわさびを使うときの注意点

柴田さんの住む東京わさび町[マスキングテープ]15mmマステ/柴田さん いぬ
もしも噛み癖のある犬のしつけのために
わさびを使用しようと思っている方は
以下の5つの注意点をお守りください。

  • ほんの少量程度にする
  • 使用前に獣医師へ相談する
  • 飲み水を用意しておく
  • 頻繁にわさびを使用しない
  • 布製品のものには使わない

 

わさびなどの刺激的な食べ物には
中毒症状を起こすような危険性はないですが、
嘔吐下痢などといった異常が見られることはあります。

 

 

もしも刺激物を食べた後に
犬の様子に少しでも異変を感じられたら
動物病院へ連絡し、
何をどれくらい食べてしまったのかなどを伝え、
速やかに受診し処置してもらいましょう。

 

 

 

まとめ


犬にわさびなどの刺激的な食べ物
与えてはいけない理由がお分かりいただけましたか?

 

噛み癖のしつけにも
使われることもあるようですが
基本的には与える必要のないものです。

 

犬の消化器に負担をかけてしまわないように
そして健康維持のために
刺激物を与えることのない生活を送らせてあげましょう。

 

 

おすすめの記事