犬がりんごを食べると危険?【犬にリンゴを与えるメリットや注意点も解説】

犬がりんごを食べると危険?

 

「一日一個のりんごで医者いらず」
ということわざがあるほど
栄養たっぷりなりんごですが、
犬にとっても食べていいことがあるのでしょうか?

 

この記事では
犬にりんごを食べさせてもOKか?
りんごを与えるメリットや注意点について
わかりやすく解説していきます。

 

 

犬にりんごを食べさせてもOK?


結論からいうと
犬にりんごを食べさせることはOKです。

 

りんごには、犬が中毒を起こすような
危険な成分は含まれていません。
犬にとっても栄養価の高い食材といえます。

 

りんごは生だけでなく、
煮る、擦る、焼くなどさまざまな方法で
美味しく食べることができる万能なフルーツです。

犬の場合にも
で食べさせることは可能ですので

簡単に取り入れやすくておすすめです。

 

犬にりんごを与えるメリットとは?


犬にりんごを与えるメリット
りんごに含まれる栄養成分にあります。

主に効果の期待される栄養素
以下の5つが挙げられます。

  • ポリフェノール
  • ペクチン
  • 有機酸
  • ビタミン
  • カリウム

りんごのメリット①【ポリフェノール】

りんごに含まれるポリフェノール
りんごの皮に多く存在します。

ポリフェノールには抗酸化作用がありますので
活性酸素を抑えて老化防止やがん予防に効果的です。

また、筋肉を増強し
脂肪を減少する働きがあるため
ダイエット中の犬にも向いています。

 

りんごのメリット②【ペクチン】

ペクチンはりんごの皮に多く含まれる
水溶性の食物繊維です。

腸に届くと腸の中に溜まりがちな不純物を
体外に排出させ、腸内環境を整えてくれます。

乳酸菌の繁殖を促して
善玉菌を増やし
悪玉菌を排除する働きもあるので、
便秘解消免疫力UPに効果的です。

 

りんごのメリット③【有機酸】

りんごの中で有機酸と呼ばれるものは

  • クエン酸
  • りんご酸

が挙げられ、疲労回復に効果的です。

また、炎症を抑え
殺菌作用にも効果があるので

胃腸が荒れている時にもおすすめです。

 

りんごのメリット④【ビタミン】

りんごにはビタミンCを始め、
ビタミンE、B1、B6などが
バランスよく含まれています。

基本的に、ビタミンCは
犬の体内で合成できるのですが、
免疫力の落ちている犬にとっては
通常よりも多くビタミン類を必要としますので
積極的にとっていくことは問題ありません。

 

りんごのメリット⑤【カリウム】

りんごに含まれているカリウム
腎臓病予防に効果的です。

カリウムには余分な塩分を
体外に排出する働きや利尿効果があります。

 

また、高齢になってから罹りやすい
腎臓病や高血圧の予防や症状の軽減に繋がります。

 

 

犬にりんごを与える時の注意点とは?


犬にりんごを与える時の注意点
犬にとって安全で食べやすく、
消化によくしてあげることです。

 

ポイントをまとめると、以下の5つです。

  1. 農薬やニスがついている可能性があるのでよく洗う
  2. りんごを皮ごとすりおろすか、細かく刻む
  3. すりおろす場合は陶器やプラスチックがよい
  4. 酸化が早いため、切ったりすりおろしたものはすぐに与える
  5. ビタミンC、B1は加熱によって壊れるので生のままがおすすめ

 

 

まとめ


犬にりんごを食べさせてもOKで
生で皮ごと与えることをお勧めしますが
皮は消化に悪いため、
すりおろして早めに食べさせてあげましょう。

 

また人間の場合は
「一日一個のりんごで医者いらず」ですが
犬の食べる量では一個は多いため、
中型犬(11~20㎏程度)の場合で
一日量を20gくらいを目安に
食べさせるようにしましょう。

 

 

おすすめの記事