犬に桃を食べさせてもOK?【適正量や注意点も解説】

犬に桃を食べさせてもOK?

 

夏に旬を迎える桃は
甘くてみずみずしく美味しいですが、
犬に与えることは大丈夫なのでしょうか?

 

この記事では
犬に桃を食べさせてもOKか?
犬に与える適正量や注意点についても
詳しく解説していきます。

 

 

犬に桃を食べさせてもOK?

山梨県産 桃 5玉入り センサーで糖度を測定し最も高い基準をクリアしたプレミアムピーチ、大糖領! 日川白鳳、白鳳、加納岩白桃、浅間白桃、なつっこ、一宮白桃、川中島白桃と移り変わる桃源郷の軌跡

犬に桃を食べさせてることはOKです!

ただし、
犬に与えていいのは
果実の部分だけであって
皮や種は取り除く必要があります。

桃は88%が水分からできており、
豊富な食物繊維が含まれていることから
犬の便秘解消にも効果的です。

また、犬の栄養面でも
ビタミンやミネラル類が含まれますので
適量であれば問題なく食べることができます。

 

犬に桃を与える時の適正量とは?

【旬の桃・山梨県産】2.0K箱6~8玉入り【送料込み】

犬に桃を与える時は
犬が欲しがるからといっても
与えすぎてはいけません。

犬種やその犬の大きさ、
体質によってもさまざまですが
犬が食べる桃の適正量は

  • 5㎏位の小型犬で40~50g程度
  • 15㎏位の中型犬で100g程度
  • 30㎏位の大型犬で180g程度

このくらいの量を一日の上限量として、
おやつやご褒美に与えましょう。

 

犬が桃を食べる過ぎるとどうなるの?

【Realpet】ペット服 犬の服 綿 スウェットシャツ ジーンズ ロンパース 個性桃ハートバッジ飾り 小型 中型 春夏秋用 四脚 2色4サイズ選択可能 (グレー S)

桃は水分が多く、
食物繊維も含まれています。
適正量であれば
犬の便通改善に役立ちますが、
犬に食べさせすぎると
軟便や下痢、嘔吐することもあります。

 

また、
桃は100gあたり40kcalで
糖質を多く含む果物なため、
犬が食べ過ぎると肥満の元となりますので注意が必要です。

 

犬に桃を与える時の注意点

長野県産 生産農家直送 信州の旬の桃 訳あり自家用向き 約2.7~3kg入り/箱

犬に桃を与える時の注意点は

  • 桃の皮
  • 桃の種
  • 未熟な桃
  • アレルギー

この4つが挙げられます。

桃の注意点①【桃の皮】

マルチピーラー(2種の皮むき + 千切り) ~3種類の刃を搭載!!~

桃の皮は
犬には消化しづらいため、
皮は剥いてから与えるようにしましょう。

また、桃の皮には
残留農薬がついている可能性があります。

なので、犬に桃を与える際は
必ず皮を剥くようにしてあげてください。

 

桃の注意点②【桃の種】

【規格外 7kg】注文後収穫してお届け!捥ぎたて2018年度和歌山県産 1箱7kg以上お届け※本州送料無料 甘くて美味しい桃(竜門早生・桃山白鳳・日川白鳳)※訳アリ・ご自宅用・ジャムなど加工品に最適 最高級ブランド桃の規格外品

桃の種をつけたまま与えてしまうと
犬は丸呑みをする可能性があります。

もしも食べてしまった場合、
犬の喉や胃腸に詰まり
危険な状態になることもありますので
すぐに動物病院へ連絡しましょう。

 

また、丸呑みでなく
種をかみ砕いたとしても危険です。

桃の種の中には
「アミグダリン」といって、
消化分解される時にお腹の中で
青酸化水素を発生させる物質が含まれています。

どちらにせよ、
犬に桃を与える先は
桃の種は必ず取り除く必要があります。

 

桃の注意点③【未熟な桃】

スモモ(プラム):太陽(たいよう)4~5号ポット[大果の人気品種][果樹の苗木] ノーブランド品

熟れていないまだ青いような
未熟な桃の場合にも
「アミグダリン」が含まれています。

なので未熟な桃を
犬に与えることは危険です。

 

桃の注意点④【アレルギー】

VIVIKO ペット用品 骨型 犬のボウル 猫のボウル ご飯入れ 食器 食事 台 高品質ステンレス製 餌やり 水やり 洗いやすい 清潔 (S)

桃を食べたことで
アレルギー症状を起こす犬もいます。

症状としては

  • 体の痒み
  • 湿疹
  • 目の充血
  • 元気がない
  • 下痢
  • 嘔吐 など

 

このような場合には
獣医師の診察を受けることをおすすめします。

アレルギーがないかどうか
確認するためにも、
最初は極少量を与えて
異変がないか様子を見るようにしましょう。

 

まとめ


犬に桃を食べさせることはOKですが、
皮や種を取り除いたものを与えるようにしましょう。

 

また、
犬の健康のためにも適切な量を与えて、
食べやすいように刻んだり
一口大に切ったりと工夫してあげましょう。

 

 

 

おすすめの記事