犬が馬肉を食べると危険?【犬に馬肉を与えるメリットや注意点も解説】

犬が馬肉を食べると危険?

 

もしも馬肉を食べさせる場合は
でもいいの?加熱するべきなの?

また、馬肉にはどんな栄養があるの?

 

この記事では
犬に馬肉を食べさせてもOKか、
馬肉を与えるメリットや注意点について
わかりやすく解説していきます。

 

 

犬に馬肉を食べさせてもOK?

犬用おやつ 無添加 手作り馬肉ジャーキー150g 国産 安全 ドッグフード
結論からいうと
犬に馬肉を食べさせてもOKです。

犬に与えられる肉類のなかでは
高タンパク、低脂肪、低カロリー
おすすめの食材になります。

 

基本的に肉類を犬に与える場合
加熱することをおすすめします。

ただ、馬肉の場合は加熱すると
アミノ酸や酵素が分解されてしまうので
生のまま食べるのがおすすめです。

もしも生で与えることに抵抗がある場合には
サッと湯をかけてレアな状態で与えてみましょう。

 

犬に馬肉を与えるメリット

犬用生肉 ドライフード トッピング 馬肉1kg小分けトレー約40g×24 冷凍生肉
犬に馬肉を与えるメリット
次のようなことが挙げられます。

  • 豊富な栄養素
  • 安全性が高い
  • アレルギーが出にくい

メリット①【豊富な栄養素】


馬肉は高タンパク、
低脂肪、低カロリーだけではなく、
栄養価もとても高い食材です。


カルシウム
鉄分
牛豚の約3~4倍含まれ、
体内への吸収率も高いです。

 

また馬肉には、
ビタミンA、Eなどが含まれているため
皮膚粘膜の保護や被毛の維持改善、抗酸化作用があります

さらに、リノール酸や
αリノレン酸、オレイン酸などの
不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)によって
コレステロールを下げたり、血液をサラサラして動脈硬化予防にも効果が期待されます。

 

メリット②【安全性が高い】


馬は牛や豚に比べて
体温が4~5℃高いので寄生虫がつきにくく
生で食べても安全性が高いとされています。

免疫力が衰え始めるシニア犬にもおすすめです。

 

メリット③【アレルギーが出にくい】


馬肉は他の肉類に比べて
犬や人間にとっても
アレルギーが出にくい食品とされています。

ただし、
アレルギーが必ずしも出ない
というわけではありませんので
初めて与える際は注意して与えましょう。

 

犬に馬肉を与える時の注意点とは?

お肉大好きワンちゃん、ネコちゃんに!アルゼンチン産/ブラジル産/カナダ産馬肉パランコミンチ 500g
犬に馬肉を与える時の注意点は
いくら栄養があるからといっても
一度にたくさんの量を与えないことです。

一日の摂取量の目安は
体重の1%とされていますので、
3kg程度の小型犬であれば30g程度にしましょう。

 

しかし、
初めて与える際はもっと少量にして
アレルギーが出ないかどうか、
また、食べ慣れていなくて
下痢や嘔吐することもあるため
食べ終えたあとはしっかり様子を見てあげましょう。

 

もちろん馬肉だけでは
全ての栄養素を補えるわけではありませんので
ドッグフードとともに与えてあげましょう。

 

まとめ


犬に馬肉を食べさせることはOKで、
肉類のなかでは特におすすめの食材です。

安全性が高い上に栄養の吸収率もいいので
シニア犬まで幅広く食べさせてあげることができます。

 

ただし、生肉は歯垢が付きやすいので
小まめに歯磨きをするようにしましょう。

 

犬が健康で長生きできるように
馬肉を普段の食事に
是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

また、肉類であれば
ラム肉もおすすめの食材なので
こちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

おすすめの記事