狂犬病とは何か?【その意味や症状などをわかりやすく解説】

狂犬病とは何かを
ご存知でしょうか?

 

名前こそ聞いたことのある人が多いかと思いますが、
実際どういったものが
「狂犬病」
と呼ばれているのか
説明できますか?

 

 

この記事では
狂犬病の意味や症状など
詳しくそしてわかりやすく解説していきます。

狂犬病とは?


狂犬病とは、
狂犬病ウイルスに感染して
発症する病気のことです。

 

人獣共通感染症であり、
人間を含めたすべての哺乳類
感染するとされています

 

狂犬病が発症してしまった哺乳類は
ほぼ100%死に至るとされている怖い病気です。

 

また、
狂犬病に感染した患者は
異常に水を怖がるという特徴から、
別名で「恐水症(きょうすいしょう)
とも呼ばれています。

狂犬病になる原因とは?


狂犬病になる原因
感染動物との接触により
人間にも感染します。

 

感染経路は
狂犬病ウイルスに感染している
犬などの動物に
引っ掻かれたり、
噛まれたりすることで、
その傷口から唾液とともに
狂犬病ウイルス体内に侵入してしまいます。

 

約2週間から6週間位
狂犬病を発症する場合がほとんどです。

狂犬病の症状とは?


狂犬病の症状には

  • 狂躁型
  • 沈鬱型

と2種類に分類されていて、
狂犬病にかかる場合の
8割方が「狂躁型」になります。

狂犬病の狂躁型の症状とは?


狂犬病の狂躁型
前駆期→狂騒期→麻痺期
段階を追って症状が重くなっていきます。

狂犬病前駆期の症状

  • 発熱
  • 食欲不振
  • 不安(情緒不安定)
  • 異常行動

狂犬病狂騒期の症状

  • 水を怖がる
  • 攻撃的になる
  • 過剰な興奮状態
  • 歩き回る
  • 遠吠えをする
  • 噛みつく
  • 地面を掘る
  • 顔つきがきつくなる(キツネ顔)

狂犬病麻痺期の症状

  • 大量の唾液が出る
  • 嚥下障害
  • 運動失調
  • 歩行困難
  • 痙攣
  • 昏睡

 

最終的には
昏睡状態に陥った後、
に至ります。

狂犬病の治療方法はあるの?


狂犬病を発症してしまった場合ですが、
残念ながら治療方法は
未だ見つかっていません。

 

日本では1956年以降
狂犬病の発生はありませんが、
絶対にかからない
ということはありませんし、
海外で狂犬病にかかってしまう場合もあります。

 

狂犬病を事前に防ぐには
狂犬病予防ワクチンを接種することだけです。

 

 

日本では生後3カ月を過ぎた犬
一年に1回ワクチンを接種すること
義務付けられています。

 

 

飼い主として、
自分の命や犬に関わる人たちの為にも
必ずワクチンを接種しましょう。

関連:狂犬病予防法とは?【知らないと危ない!飼い主の義務】

まとめ


狂犬病とはどんなものか
理解できましたか?

 

なぜ犬が年に一回もワクチン接種が
義務付けられているのか、
狂犬病の恐ろしさを知って
お分かりいただけたかと思います。

 

 

狂犬病がどんなものなのか
多くの人に知られ、
このまま予防していくことができるように
飼い主としての責任
果たしていきましょう。

 

狂犬病のワクチンを
打つにあたって、
副作用のリスクも知りたい方は
合わせてお読みください。

狂犬病ワクチン(予防接種)の副作用は?【注射するリスクや症状などを知る!】

 

おすすめの記事