犬にブロッコリーを食べさせてもOK?【犬にブロッコリーを与えるメリットや注意点も解説】

犬にブロッコリーを食べさせてもOK?

 

もしも犬にブロッコリー与えるなら
緑のつぼみの部分だけ?
それとも茎の部分も与えてもいいのでしょうか?

 

この記事では
犬にブロッコリーを食べさせてもOKか、
犬にブロッコリーを与えるメリットや
与える時の注意点についてもわかりやすく解説してきます。

 

犬にブロッコリーを食べさせてもOK?

DoGMoM 無添加のおいしさ フリーズドライ ブロッコリー 8g

結論からいうと
犬にブロッコリーを
食べさせることはOKです。

つぼみの部分も茎の部分も
犬は食べることができます。

ただし、
ブロッコリーの茎の部分は硬いので
厚めに皮を剥いてあげることが必要です。

 

そして、
つぼみ、茎の部分ともに
なるべく新鮮なものを
柔らかく茹でてから犬にあげましょう。

茹でたものは
細かく刻んであげるか、
ミキサーにかけるなどして
消化吸収によくして与えます。

 

犬にブロッコリーを与えるメリットは?

グラン・デリ パウチ 鶏ささみ・ブロッコリー入り 60g×10個入り

ブロッコリーは野菜の中でも
ビタミンが豊富に含まれています。

  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンA
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • パントテン酸

このようにたくさんのビタミンと
カリウム、マグネシウム、カルシウム
といったミネラル類も含まれています。

 

豊富な栄養成分によって
犬の血行が良くなり免疫力を高め、
ガン予防にも効果があります。

それはビタミンに含まれる
活性酸素による
体のダメージを防ぐ役割があるからです。

 

 

犬にブロッコリーを与える時の注意点

犬 首輪 ペット 用品 小型犬 中型犬 大型犬 スタッズ スパイク スカル ドクロ 骸骨 (L, 青)

犬にブロッコリーを与える時は
次のような病気や疾患がある場合には注意が必要です。

  • 甲状腺機能が弱い犬
  • 尿路結石になりやすい犬

注意点①【甲状腺機能が弱い犬】

ニチレイ そのまま使えるブロッコリー 冷凍 500g  冷凍

ブロッコリーなどの
アブラナ科の野菜には
「グルコシノレート」という
物質が含まれており、
犬の胃の中に入り消化されることで
「ゴイトロゲン」という物質に変化します。

 

この「ゴイトロゲン」は、
甲状腺のヨウ素を取り込む働きを
阻害する作用があります。

犬の体内のヨウ素が足りないと
甲状腺ホルモンを生成しにくくなるため、
甲状腺の機能が低下してしまうのです

よって、
甲状腺の持病をもっていたり、
甲状腺機能が弱い体質の場合には
犬にブロッコリーを与える前に
獣医師に相談してみた方が良いでしょう。

 

 

注意点②【尿路結石になりやすい犬】

犬猫の尿路結石に/出けっせき(結石) 取ります 30g シュウ酸カルシウム結石 無添加 サプリ

ブロッコリーにはアク成分である
シュウ酸が多く含まれており、
この成分が尿路結石になりやすいと言われています。

しかし、
シュウ酸はブロッコリーを茹でた後
水でさらすと減らすことができます。

なので、
いくら柔らかくても
電子レンジで加熱したものは
シュウ酸が残ってしまいますので
加熱する際は茹でるようにしましょう。

また、
カルシウムにはシュウ酸の成分を
体外へ排出してくれる働きがあるので、
カルシウムを多く含む食品と食べあわせると
より安心して食べることができます。

 

 

まとめ


犬にブロッコリーを食べさせてもOKですが、
犬の健康状態によっては
食べないほうがいい場合や
獣医師の相談が必要となる場合があります。

 

食べても問題ない健康な犬の場合には
柔らかく茹でたものを細かく刻んで
ドッグフードにトッピングしてあげるなど
少量与えるようにしてください。

また、
茹でる際、与える際には
塩分を加えないように気をつけましょう。

 

 

 

 

おすすめの記事