老犬が散歩を嫌がる理由

飼っている犬が、昔に比べて
散歩に行きたくなさそう。。

老犬だから
仕方ないことかもしれないけれど。。

けどまったく散歩へ
連れていかないのもどうなのか。。

 

そんな悩みをもっている
愛犬家の方もいるかと思います。

 

老犬が散歩を嫌がる理由
いったいなんなのか。

 

 

この記事では、
老犬が散歩に行きたがらない理由
その対応策について、まとめました。

 

老犬が散歩に嫌がり、行きたがらない理由とは?

「老犬が散歩を嫌がる」
「老犬が散歩に行きたがらない」

これらの理由として
大きく分けて以下の3つが考えられます。

  • の老化(視力の低下・足腰の痛みや内臓の病気)
  • の老化(精神的な問題や意欲の減退)
  • 病気(白内障など)

 

老犬が散歩を嫌がる理由を
正しく把握するためには
散歩に行きたがらない老犬の
態度や様子から判断することが重要です。

もしも
歩くのを痛そうにして嫌がる場合は、
足腰など体の不調が原因かもしれません。

また、
明るい日差しのある時間よりも
夕方の方が元気になる場合は、
白内障の可能性があったりすることもあります。

ちなみにそういった場合は、
獣医さんに診てもらいましょう。

また、
老犬が散歩中に倒れてしまった場合は、
心臓や内臓器官に
異常が起きているかもしれません。

その場合は
早急に大きな病院へ
老犬を連れていってあげてください。

※老犬がへたりこんだり、
倒れ込みそうになっているのも危険信号です。

 

犬はどのくらいから老化が始まるの?

犬もよろこぶシニア犬生活: 心や体の変化にあわせた老犬とのコミュニケーションがわかる

まず、犬は何歳くらいから
老犬と呼ばれると思いますか?

 

人間と一緒で、
犬の種類や個体によって違いがあります。

基本的に犬は、
生後1年~1年半で成犬になります。

そして
老犬にあたるのはだいたい

  • 小型・中型犬が11歳~
  • 大型犬が8歳~

とされています。

 

老犬を散歩へ連れていかないと、どんなデメリットがある?

愛犬のための 症状・目的別 高齢犬ケア百科 食べる・歩く・排泄困難、加齢による病に対応

老犬を散歩へ連れていかないデメリットとして
以下の2つが挙げられます。

  • 脳への刺激が減り、認知症を早めやすい。
  • 筋力が低下し、食欲も減退する。

このように、老犬にとって
散歩をしないデメリットはとても大きいです。

 

散歩を嫌がる老犬への対応策

ペティオ (Petio) 老犬介護用 巻くだけ伸縮包帯

散歩を嫌がる老犬への対応策として
以下の2つが挙げられます。

  • 老犬の固まった筋肉や関節をほぐしてあげる。
  • 老犬に散歩の楽しさを伝えてあげる。

老犬の筋肉は硬くなっていて、
長時間無理に歩くと足に痛みや
しびれが起きてしまう恐れがあります。

老犬と散歩へ行く前に、
筋肉や関節を温めながら
マッサージをしてあげて、
準備運動をしておきましょう。

 

また、さんぽの時間を
楽しいと思ってもらえるような工夫も大切です。

もし老犬が
散歩を拒むようになってきたら、
散歩中に好きなお菓子や食べ物をあげたり、
たくさん匂いを嗅げる場所へ連れていくなど
工夫をしてあげましょう。

 

老犬の散歩の道を決める際、
デコボコした道や、足場の悪い場所を
なるべく避けてあげるのも大事です。

 

犬用グッズを上手に使って老犬の手助けを!

老犬の散歩や移動の手助けとなる
便利な犬用グッズを紹介します。

  • 介助用ハーネス
  • カート

介助用ハーネス【便利な犬用グッズ】

歩行補助ハーネスLaLaWalk小型犬・ダックス用サポーターパッド付き カーニバル[チェックカーニバル 紺] (S)

支えがあれば歩ける犬にオススメです。
ただ犬の後ろ足を
真っ直ぐになるほど吊り下げると、
腰への負担が大きくなってしまうので、
使い方に注意しましょう。

 

老犬用のドッグカート【便利な犬用グッズ】

OFT介護カート 多頭用 大型犬 中型犬 小型犬 老犬 高齢犬 シニア犬 介護 日よけ 耐荷重 ~45kg

寝たきりで歩けない老犬の移動として
ドッグカートを使用することをオススメします。

 

注意点ですが
ドッグカートは散歩にはオススメしません。

できれば老犬が自分の体で、
土や草木など自然に触れることが大切です。

 

さいごに

老犬生活 完全ガイド

この記事では、
老犬が散歩を嫌がる理由と
対応策についてまとめてみました。

人間と同じで犬にも
個性や好みがあるので、
ぜひその犬にあった方法を見つける際に
この記事を参考にしてみて下さい。

 

おすすめの記事