犬にキャベツを食べさせてもOK?生だと危険?【適正量や注意点も解説】

犬にキャベツを食べさせてもOK?

 

もし犬にキャベツを食べさせるなら
生のままでもいいのでしょうか?
加熱したものでないといけないのでしょうか?

 

この記事では
犬にキャベツを食べさせてもOKか、
犬にキャベツを与える際の適正量や
その時の注意点についても詳しく解説していきます。

 

 

犬にキャベツを食べさせてもOK?

シーザー シーザースナック キャベツとにんじんが入ったささみスティック 80g

結論からいうと
犬にキャベツを食べさせることはOKです!

キャベツには、以下のように
ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。

  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • ビタミンU
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン

 

また、
ミネラル類には

  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • マンガン
  • クロム
  • モリブデン
  • リン
  • 亜鉛
  • 鉄分

などが含まれています。

キャベツはビタミン、ミネラルともに
バランスの摂れた栄養価の高い野菜です。

 

犬にキャベツを与える際の、適切な与え方【生?加熱?】

国産 キャベツ 1箱10kg

犬へキャベツを与える際、
キャベツの状態は
生のまま?加熱したもの?
どちらがいいのでしょうか?

実は、どちらの状態でも
犬に与えて問題ありません。

 

生キャベツについては
栄養価がそのまま吸収できるため
犬にとっても健康的なのですが、
消化されにくいため細かく刻んでから与えましょう。

 

キャベツを加熱する場合は
茹でる、焼く、蒸すなど
どんな調理法でも問題ありませんが、
茹でた場合は栄養素が茹で汁に流れてしまいます。

そのため、
さっと短時間で茹でるようにしましょう。

 

あるいは蒸す方法であれば
栄養素が流れることなく
吸収できるのでおすすめです。

 

例え加熱した場合でも
犬に与える際は
消化に良くするために
細かく刻むことは行いましょう。

 

生キャベツを犬に与える際に気を付けてほしいこと【キャベツの芯は危険】

熊本県産 ( 九州 ) キャベツ 1ケース 6~8玉入 新鮮 生 産地直送
生キャベツを犬に与えても
問題がないと解説してきました。

しかし生キャベツを犬に与える際に
気を付けてほしいことがあります。

それはキャベツの芯です。

 

キャベツの芯は根の一部なので、
土から吸い上げた農薬が
凝縮されやすい場所なため、
犬の体に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、
キャベツの芯に含まれる
硝酸イオンという成分によって
犬が中毒症状を起こす危険があるため
与えるメリットはありません。

FV-613 フルベジ キャベツの芯取り 生活用品 インテリア 雑貨 キッチン 食器 スライサー top1-ds-1988863-ah [簡素パッケージ品]

そのため
犬に生キャベツを与える際は
芯を取り除くようにしてください。

 

 

犬にとってのキャベツの適正量とは?

野菜ミックス (犬用) お徳用 300g

犬にとってのキャベツの適正量は
一日の食事量の20%程度が目安となります。

犬の体重(g)÷40が
1日に必要な食事量です。

5㎏の小型犬であれば
一日の必要食事量が125gとすると
キャベツの量は25g程度にしましょう。

 

しかし、
犬種によってやその犬が持つ
消化能力によって異なりますので
最初は少量から与えていき、
徐々に量を増やし調節しながら
犬にキャベツを与えるようにしましょう。

 

 

犬にキャベツを与える時の注意点

Yeefant 2018 新発売 3D プリント野菜と肉の世界 ペンケース 高級感満々!とってもユニークな形 小物収納 筆入 超人気 筆箱 シンプル タイプ ペンボックス 大容量なので余裕の収納力 おしゃれ 超徳用 ペンポーチ5柄を選べる (キャベツ)

犬にキャベツを与える時の注意点は
以下の7つが挙げられます。

  • 内側の柔らかい葉の部分を与える
  • 与える時は細かくする
  • 大量に与えない
  • 新鮮なものにする
  • アレルギーに注意する
  • 甲状腺疾患のある犬は控える
  • 結石になりやすい犬は控える

 

最後の二つについては
キャベツに含まれる
「ゴイトロゲン」と「シュウ酸」によって
症状を悪化させてしまう可能性があるため、
キャベツの摂取は控えた方が望ましいでしょう。

 

 

 

まとめ


犬にキャベツを食べさせてもOKですが、
芯の部分を与えないように注意して
その犬に合った与え方を見つけてあげましょう。

 

キャベツは季節ごとに旬があるため
一年を通して手に入りやすいのが特徴的です。

 

細かく刻んだものを
ドッグフードにトッピングしたり、
ペースト状にしてスープを作るなど
消化によく栄養も吸収しやすいような
ひと手間を加えて、犬の健康促進へつなげましょう。

 

 

 

おすすめの記事