犬が豚肉を食べると危険?【犬に豚肉を与えるメリットや注意点も解説】

犬が豚肉を食べると危険?

 

もしも豚肉を与えるのであれば
どんな与え方が犬にとっていいのでしょうか?

 

この記事では
犬に豚肉を食べさせてもOKなのか、
豚肉を与えるメリットと注意点
詳しく解説していきます。

 

 

犬に豚肉を食べさせてもOK?

アドメイト 犬用おやつ 至極の逸品 九州産の黒豚を使ったジャーキー 75g

結論からいうと
犬に豚肉を食べさせることはOKです。

 

犬の体内のエネルギー源は
動物性たんぱく質の原料であるアミノ酸です。

アミノ酸によって筋肉を作ったり、
細菌やウイルスから体を守ったり、
血液を通して栄養素を体中に送る役割をします。

 

そのため
動物性たんぱく質の塊である豚肉は
犬の体にとって相性の良い食材です。

 

犬に豚肉を与えるメリットとは?

<送料無料>犬 おやつ【無添加】手作りおやつ 国産 豚肉 お試し100g おやつ 犬 ポーク ぶた おやつ<メール便配送>【DBP】

犬に豚肉を与えるメリット
豊富な栄養素を摂取できる点です。

なかでもビタミンB群が多く含まれ
以下のような効能が期待されます。

  • 疲労回復
  • 夏バテ防止
  • 動脈硬化予防
  • 体力増強
  • 成長促進
  • 精神安定
  • 記憶力の向上
  • 脳機能の維持 など

 

犬は豚肉を食べることで
体の調子を整えて
病気のリスクを下げることに繋がります。

 

また、豚肉に含まれている
必須アミノ酸のトリプトファンは、
情緒の安定にも効果があるとされているので、
ストレスが溜まっている犬にも効果的です。

 

疲労回復にも効果もあるので
シニア犬にも豚肉はおすすめできる食材です。

 

犬に豚肉を与える際の注意点とは?

プレミアム神戸ポーク3種セット

犬に豚肉を与える際の注意点

  • アレルギー
  • 与え方
  • 選び方

この3つが挙げられます。

注意点①【アレルギー】

豚肉は肉類の中でも
アレルギーが出やすいとされています。

もしも犬にアレルギー症状が出た場合、

  • 湿疹
  • 皮膚の痒み
  • じんましん
  • 目の充血
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 元気がない など

このような症状が出る場合があります。

 

 

初めて犬に豚肉を与える際は
まず極少量与えてから、

様子に変化がないか観察しましょう。

 

豚肉はもともと
犬の体内では消化されにくいお肉なので
嘔吐や下痢の場合、消化不良の可能性もあります。

 

そのため判断が難しいので
動物病院でアレルギー検査を行うことが確実です。

 

注意点②【与え方】

犬に豚肉を食べさせる際、
必ず十分に加熱した豚肉
犬に与えるようにしましょう。

生の豚肉には
寄生虫雑菌がついていることが多く、
質の悪い寄生虫にあたると
犬の命にかかわることもあります。

 

また、加熱後は冷ましたもの
消化不良にならないためや
犬の喉に詰まらせないようにするためにも
食べやすい大きさに切りましょう。

 

注意点③【選び方】

豚肉は全体的に脂身の多い肉です。

なるべく脂身の少ない部位を選んで
犬に与えるようにしましょう。

脂身の多い部分ばかり与えたり
たくさん量を与えすぎると
肥満の原因となり、かえって
犬の健康を阻害してしまうので注意してください。

 

特に運動量や代謝の落ちるシニア犬
部位や与える量に気をつけましょう。

 

 

まとめ

犬に豚肉を食べさせてもOKですが
必ず加熱したものを食べさせましょう。

 

消化不良だけでなく
アレルギー症状も心配されるので
慎重に与え、犬の様子を見るようにしてください。

 

犬にアレルギー症状がみられない場合には
健康になるメリットがたくさんありますので
必要量を適度に与えてみましょう。

 

もしもアレルギーを引き起こしたり、
ダイエット中でカロリーが気になる犬の場合には
ラム肉馬肉がおすすめです。

 

 

 

 

おすすめの記事