子犬の抱っこ散歩はいつからするべき?【抱っこ散歩のコツや注意点も解説】

viewing(ヴューイング) 小型犬用 子犬 抱っこ紐 ひも バックスリング バッグスリング ペット PET キャリー キャリア デニム or コットン 肩紐長さ調整可能タイプ (コットン・グレー)

子犬の抱っこ散歩はいつからするべき?

なぜ抱っこ散歩がいいのでしょうか?

 

この記事では
子犬の抱っこ散歩はいつからするべきか?
抱っこ散歩の開始時期についてだけでなく
子犬を抱っこ散歩する時のコツや注意点も
簡単にわかりやすく解説していきます。🐩

子犬の抱っこ散歩はいつからするべき?

MRELEC MRCWWC001 小型犬/猫用 ペット外出用品 子犬子猫 抱っこ紐 ひも バックスリング バッグスリング ペット PET キャリー キャリア デニム or コットン 肩紐長さ調整可能タイプ (灰)

「子犬の抱っこ散歩はいつからするべき?」

「子犬を迎えいれたらすぐ散歩してもいい?」

 

子犬自身が自分の足で歩く
普通の散歩を始める時期は
3回目のワクチン接種を打った
2週間後以降が最適とされています。
※その時期はおおよそ生後14~16週くらいになります。

 

ただし基本的に、抱っこ散歩であれば
生後14週以前の子犬と散歩してもOKです。

子犬をお家に迎えてから新しい環境に慣れ、
体調面などで心配事が特にないのであれば
少しずつ、抱っこ散歩を始めてみましょう。

 

ちなみに
なぜ子犬の散歩開始時期は
ワクチン接種後がいいのか?

その理由は、
さまざまな感染症から
子犬を守るためです。

 

ただし、犬の社会化期は
生後4~13週とされています。

この時期に子犬は
外の世界に触れておかないと
社会化不足によって以下のような
問題が起きる可能性があります。

  • 過剰に怖がる
  • 吠え続ける
  • 噛みつく
  • 外に出たがらない

 

このような問題が起きないために
子犬への散歩が必要不可欠なのですが、
いきなりリードをつけて歩かせることは
精神的な負担や感染症のリスクもある。

 

そのため、
子犬の抱っこ散歩は
最適な解決策となるのです。

 

現在だと法律的な問題もあり
子犬を迎える時期は生後3ヶ月頃
(約12週)がほとんどかと思います。

子犬の社会化期(生後4~13週)の様子を
ちゃんと確認しておくようにしましょう。

 

子犬の抱っこ散歩をするときのコツや注意点

NOTAG ペット用スリング ペット 用品 犬 バッグ スリング 子犬 抱っこ紐 ひも お出かけ抱っこ ねこ用 いぬ用 猫用 小型犬 斜め掛け ドッグ 斜めショルダーバッグ バックスリング ペット キャリー キャリア 肩紐長さ調整可能 (パープル)

子犬の抱っこ散歩を始めるにあたって
犬の社会性を磨くためには3つのポイントがあります。

  1. 子犬の抱っこ散歩の回数
  2. 子犬を抱っこ散歩する時間
  3. 子犬の抱っこ散歩をする場所

子犬の抱っこ散歩の回数

WINSUN ペットキャリー リュック 小型 中型 犬 猫 兼用 おんぶ・抱っこ 2way 折りたたみ 軽量 お出掛け楽ちん ペットキャリーバッグ グレ-

子犬の抱っこ散歩の回数については
初めは1日1回を目安にすることをお勧めします。

体調などに問題が起きず
子犬が慣れてきた様子であれば
1日2回に増やしてみましょう。

 

子犬が興味を示しているようであれば
少しずつ回数を増やしてもいいでしょう。

 

子犬を抱っこ散歩する時間

Elome(イローム) ペット スリング 抱っこひも ペットバッグ 斜めショルダーバッグ 小型犬 猫 兼用 飛び出し防止ストラップ付き ドッグ キャット お出かけ 便利 キャリーバッグ グレー

子犬を抱っこ散歩をする時間は
短い時間で構いません。
初めは2~3分程度、慣れてきたら5~10分程度でいいでしょう。

時間帯については
できるだけ同じ時間に合わせた方が
生活リズムがつきやすく安定します。

なるべく危険性が少ない時間帯、
例えば早朝や暗くなる前の夕方などがおすすめです。

 

注意点ですが、
長時間の抱っこ散歩は避けてください。

長時間の抱っこ散歩は、子犬だけでなく
飼い主の負担にもなるためおすすめしません。

 

子犬の抱っこ散歩をする場所

エブリデイ・コンパクトコットン・ドッグスリング2[飛出し防止フック付] M カーキ DogPeace(ドッグピース) 小型犬用 子犬 抱っこ紐 ひも バックスリング バッグスリング ペット PET キャリー キャリア

子犬の抱っこ散歩する場所は
毎日同じ場所でなくてもOKです。

なるべくいろいろなところに
愛犬を連れて行ってみましょう。

  • 静かな道
  • 犬の散歩道エリア
  • 人通りや車の多いところ
  • 公園など

他の人や動物、音など
さまざまな刺激を受けられる環境がおすすめです。

最後に

CUBY ペットスリング 犬 抱っこ紐 スリングバッグ 小型犬 ねこ用/いぬ用(長さ調整可能)

子犬の抱っこ散歩はいつからするべきかと
抱っこ散歩する時のコツや注意点について
なるべく簡単にわかりやすく解説しました。

 

子犬の抱っこ散歩の開始時期の目安は、
子犬が新しいお家に来て環境に慣れ始めたころです。

 

まずは子犬を抱っこして
窓から外の様子を見せてあげることから始めてみましょう。

そして、実際に外に連れて行くときは
さまざまな物や音を聞かせてあげるように意識してください。

 

そうすることで
子犬が社会性を身に着けることができるようになります。

 

 

PS

子犬の抱っこ散歩をする際、
ドッグスリングがとても役に立ちます。

 

おすすめの記事