ペットシッターとは何か【料金の相場や仕事内容について】

ペットシッターとは
どんな職業なのかをご存知ですか?

 

昔はペットと言えば
犬や猫が一般的でしたが、
今やさまざまな動物が
多くの家庭で飼われている時代になりました。

 

そのため、
ペットシッターを
利用したい飼い主
それに応えるペットシッターは増えています。

 

そのペットシッターを利用したい場合に
どんな仕事をしてもらえるのか、
また利用料金の相場はどのくらいなのか
この記事で詳しくまとめていきます。

 

 

ペットシッターの仕事とは?

ペットシッターの資格と条件と詐欺

ペットシッターの仕事内容としては
大きく分けて4つあります。

  • 事前の打ち合わせ
  • 安全に過ごせる環境作り
  • 日常のお世話全般
  • 犬のケアや看病

ペットシッターの仕事内容【事前の打ち合わせ】


初めてペットシッターを利用するときは
事前の打ち合わせが必要でしょう。

 

依頼をした際には

  • ペットの種類
  • ペットの大きさ
  • エサに関すること
  • 性格
  • 好きな遊び など

預けるペットに関すること
伝えておく必要があります。

 

メール、電話の場合や、
預ける当日に打ち合わせする場合もあります。

 

ペットに関すること以外にも
家の中でペットの世話をしてもらう際は
電気のスイッチ、カギの開け閉め、
エアコンなどの空調設備の操作方法
なども伝えておく必要があるでしょう。

 

ペットシッターの仕事内容【安全に過ごせる環境作り】

ペットシッターを利用するメリットは
動物たちがいつも過ごす場所に
居続けられることで
ストレスを感じさせにくいことです。

 

大切なペットを預けるには、
ペットたちが安心安全
過ごすことのできる環境を整えておく必要があります。

 

いつも過ごす環境ではあっても
危険なものはないか、十分にチェックし、
ペットシッターにも確認してもらいましょう。

 

 

ペットシッターの仕事内容【日常のお世話全般】


飼い主が行っている日常のお世話を
代行することがメインの仕事です。

  • 散歩
  • 餌やり
  • 水やり
  • ゲージの掃除
  • 排泄物の掃除
  • ボールやおもちゃで遊ぶ 等

依頼したいことを
事前に伝えておいたり、
メモをしておきましょう。

 

出来れば、
いつもの散歩コースを教えておくと、
犬もストレスを感じることなく散歩できるでしょう。

 

 

ペットシッターの仕事内容【犬のケアや看病】


犬のケアや看病に関しては
必ずしもペットシッターが
依頼を受けてくれるとは限りませんので、
事前に確認が必要です。

 

ペットシッターのなかには
爪切りや歯磨き、
肉球のお手入れなど
代行してくれる方もいます。

 

また、預かり最中に
ペットが体調を崩してしまった場合は、
看病をしてくれることもあります。

 

 

ペットシッターの相場の利用料金は?

ペットシッターを知っていますか
ペットシッターの利用料金は
その店によって異なりますので
あくまで相場になります。

 

ペットを預けるには、
どんな動物なのか、
何匹(何頭)の世話を依頼するか
などによって料金プランが変わります。

 

 

1回1時間目安の料金
以下の通りになります。

  • 小型犬・中型犬【トイプードル、柴犬など】
    2,500円~3,500円程度
  • 大型犬【ゴールデンレトリバーなど】
    3,000円~5,000円程度
    (体重によって料金加算される場合あり)

  • 2,000円~3,000円程度
  • 小動物類【ハムスター、ウサギなど】
    1,000円~2,000円程度

 

また、
この利用料金以外にも
ペットシッターの交通費
必ず請求されるでしょう。

なかには、
入会金や登録料、出張費なども
請求されることもあります。

 

他にも、年末年始や
早朝・深夜などに利用した場合には
別途料金が加算されたり、

予定を断った場合には
キャンセル料も発生しますので、
料金注意事項
しっかり確認した上で

利用することをオススメします。

 

 

まとめ


ペットシッター
について
どんな仕事を依頼できるのか、
料金相場はどのくらいかなど
是非、参考になさってください。

 

ペットが少しでも
ストレスを感じないようにするために、
いつも過ごす環境でいられることが
そのペットにとって幸せであれば、
一度はペットシッターの利用を
考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの記事