ペットシッターになるには資格が必要?

動物が大好きで
ペットシッターになりたい
と考えている愛犬家へ。

 

ペットシッターになるためには
どのような資格
持っていた方がいいのか、
ご存知でしょうか?

また、
専門学校へ通うことや
どこかでの実習経験
必要なのでしょうか?

 

 

この記事では
ペットシッターの
仕事の内容や資格について
詳しくまとめていきます。

ペットシッターとはどんな仕事?

ペットシッターをめざそう! (使える!資格ガイド)
ペットシッターとは
犬や猫に限らず、
ペット全般のお世話する人
のことを指します。

 

飼い主の依頼によって
内容はさまざまですが、
主には

  • 餌やり
  • 水やり
  • 散歩
  • ブラッシング
  • 寝床の掃除
  • 排泄物の掃除 等

日常、飼い主が行っている
お世話を代行する仕事です。

 

ペットシッターには資格が必要?

ペットシッターの資格と条件と詐欺
ペットシッターのお店を
ご自身で開きたいとお考えの場合には
特定条件を満たす資格が必要になります。

 

ペットシッターとして
雇われるためであれば
必ずしも資格が必要ではありません。

 

しかし、
ペットシッターの資格があれば
雇用されやすさや信頼、
安心感が得られます
ので
取得することをおすすめします。

 

ペットシッターの資格はどんなもの?

幸せ老犬生活―カリスマペットシッターが教えるお世話・介護の新常識
ペットシッターの資格といえば
日本ペットシッター協会が制定している
ペットシッター士」が一般的です。

 

環境省が定める動物取扱業の中で
保管と訓練の登録申請要件を
クリアした資格になります。

 

ペットの散歩中の事故や、
他のペットとのトラブル、
ペットの体調に
異変を感じた際の対処法など、
ペットシッターとして役立つ
様々な知識対応力
身につけることができます。

 

ペットシッターの資格の取得方法は?


ペットシッター士
資格取得のためには
主に3つの方法があります。

  • 通信講座
  • スクールに通う
  • カルチャー受講

上記の3つの中から1つを選び、
決められたカリキュラムを全て受講することや、
通信講座で課題テキストでの学習後に、
認定試験を受けることで資格が取得できます。

 

体験や実習などは
カリキュラムの中には特にありません。

 

学習して試験を受け、
合格すると資格が得られるので
そんなにハードルが高いものではなく、
比較的に受けやすい資格です。

 

 

まとめ


ペットシッター
には資格が必須
という訳ではありませんが、
仕事としてやっていきたい
という気持ちがある方は
資格取得をお勧めします。

 

ペットシッターとして
大切なことは、
動物が好きであること、
責任感の強い人、
信頼される人が求められます。

また、
飼い主がいない
ペットの不安な気持ち
読み取ってあげられる
優しい気持ちのある方も適しているでしょう。

 

 

大切なペットを預ける
飼い主の信頼を得るためや、
ペットに対する知識を深めるためにも
ペットシッター士の資格取得を
考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

おすすめの記事