犬にいちごを食べさせてもOK?【適正量や注意点も解説】

犬にいちごを食べさせてもOK?

犬にいちごを与える際
イチゴのヘタを取れば
問題ないのでしょうか?

 

この記事では
犬にいちごを食べさせてもOKか、
犬が食べても良いいちごの適正量や
犬にイチゴを与える際の注意点についても
わかりやすく解説していきます。

 

 

 

犬にいちごを食べさせてもOK?

犬服 Hosam 犬 ペット 洋服 ワンピース ドレス トゥトゥ レース 可愛い 春 夏 虫除け 日焼き防ぐ 生理期保護 散歩 (M, イチゴ-Tシャツ)

犬にいちごを食べさせてもOKなのか、
その答えは
適正量であればOKです!

 

いちごには
豊富な栄養素が含まれています。

イチゴの栄養素として
以下のような成分があります。

  • ビタミンC
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • カリウム
  • 鉄分
  • 食物繊維(ペクチン)
  • 葉酸 など

 

このようなさまざまな栄養成分によって

  • 抗酸化作用
  • 利尿作用
  • 余分な塩分の排出
  • 整腸作用
  • 骨や歯を強くする など

犬の体にとって
たくさんの効果が期待されます。

 

犬が食べるいちごの適正量とは?

MFZ エリザベスカラー 犬 猫 ソフト 布製 軽量 スポンジ 超小型犬 小型犬 可愛い 介護用品 2カラー (イチゴ S)

犬にとってのいちごの適正量は
次の通りです。

  • 体重5㎏の小型犬の場合で1/2個程度
  • 体重10㎏の中型犬で1個程度
  • 体重20㎏の大型犬で2個程度

人間からすれば少ないのでは?
と感じてしまうかもしれませんが、
たくさん与える必要はありません。

犬がいちごを過剰摂取してはいけない理由

Caday 犬小屋 水洗いOK☆小型犬 中型犬  イチゴ 室内用 ペットハウス 犬猫兼用 折り畳み 携帯便利 (XL(43X43cm))

「犬はいちごを食べても問題ない」
とされていますが、実はいちごの中には
犬が過剰に摂取してはいけない成分が含まれています。

 

  • キシリトール
  • シュウ酸

いちごに含まれる成分①【キシリトール】

ピジョン 親子で乳歯ケア タブレットU ぶどう味 60粒入

いちごの中には
犬が中毒症状を引き起こす
キシリトールが含まれています。

その量はいちご100gあたり約40mgです。

 

体重10kgの犬が1000㎎以上摂取した場合に
中毒症状を起こすとされていますので、
いちごを2.5㎏食べると危険ということになります。

その量を食べる犬はいないと思いますが、
やはり適正量を守ることが大切となります。

 

 

いちごに含まれる成分②【シュウ酸】

P1650 シュウ酸塩校正液 pH1.68 500cc  pH標準液

いちごに含まれるシュウ酸は
体内のカルシウムと結合して
シュウ酸カルシウムとなり、
尿路系の結石の原因となります。

 

尿路系の結石治療中の犬や、
結石のできやすい体質の犬の場合は
いちごを食べても大丈夫なのか
かかりつけの獣医師に相談してみましょう。

犬にいちごを与える時の注意点

ふく福人気 通気性メッシュ小中型犬服 Tシャツ 可愛いワンピース 犬恋人服 カップ ル服 お散歩お出かけウェアに 春夏服 ドッグウェア 日焼き防ぐ 脱毛保護 (M, イチゴ スリング)

犬にいちごを与える際、
ヘタを取り除いてから
犬に食べさせるようにしましょう。

いちごのヘタは消化に悪いので
犬の消化器官に負担をかけてしまいます。
なので注意して取り除くようにしてください。

 

いちごのヘタを取るタイミングは
いちごを水洗いした後です。

なぜなら
いちごに含まれるビタミンCは
水溶性で熱に弱く、
へたを取った状態で洗うと
ビタミンCが流れてしまうからです。

せっかくの栄養素を無駄にしないためにも
イチゴのヘタは後で取るようにしましょう。

 

その後は
そのままの状態で犬には与えずに
細かく刻んだものを食べさせてあげましょう。

そうすることで
犬がイチゴを喉に詰まらせるリスクを
事前に回避することができます。

 

ちなみに
いちごは生のままだとしても
加熱したものだとしても
犬に与えることは問題ありません。

しかし
ジャムなどの加工品は
砂糖が大量に使用されていますので
犬には与えないようにしてください。

 

最後に


犬にいちごを食べさせてもOKですが、
中毒症状を起こすキシリトールや
結石の原因となるシュウ酸が含まれますので
大量に食べさせることは避けて
適正量を守るように心がけてください。

 

また、いちごのサイズ
例え一口サイズだとしても
犬に与える際には
いちごを刻んだり、すり潰したりと
ひと手間を加えることをお忘れなく
食べさせてあげるようにしましょう。

 

 

おすすめの記事