犬がきゅうりを食べると危険?【犬にキュウリを与えるメリットや注意点も解説】

犬がきゅうりを食べると危険?

 

ポリポリを噛みごたえがあって
水分を多く含むきゅうりは
犬の体にとっても良いものなのでしょうか?

 

 

この記事では
犬にきゅうりを食べさせてもOKなのか、
きゅうりを与えるメリットや注意点について
わかりやすく解説していきます。

 

犬にきゅうりを食べさせてもOK?


結論からいうと
犬にきゅうりを食べさせることはOKです。

きゅうりに含まれる水分量は
なんと約95%です。

暑い夏の季節に重宝する野菜で
犬にも生のまま食べさせることができます。

 

犬は自分で体温を調節することが苦手なので、
水分が豊富で体を冷やす働きのあるきゅうりは
犬にとってピッタリの食材といえます。

夏野菜ではありますが、
冬場のような空気が乾燥して
水分が必要となる季節でもおすすめです。

 

犬にきゅうりを与えるメリットとは?

水分が摂れる以外にも
犬にきゅうりを与えるメリットとして
さまざまな栄養成分が挙げられます。

  • ビタミンC
  • ビタミンK
  • カリウム
  • βーカロテン
  • ホスホリパーゼ

きゅうりのメリット①【ビタミンC】

きゅうりに含まれるビタミンC
抗酸化作用があるため
アンチエイジング効果があります。

基本的に犬は体内で
ビタミンCが生成されます。

しかし老犬は体内でのビタミンCの
生成量が徐々に減ってくるため
食事から摂取することもおすすめです。

 

きゅうりのメリット②【ビタミンK】

きゅうりに一番多く含まれている
ビタミンの種類はビタミンKです。

このビタミンKには
骨にカルシウムを沈着させて
丈夫な骨を作る働きがあります。

また、骨のもととなっている
コラーゲンとカルシウムを結びつけ、
カルシウムが溶け出すのを防ぐ効果もあります。

 

きゅうりのメリット③【カリウム】

カリウムには過剰に摂取した
ナトリウムを排泄してくれたり、
血圧を下げる効果が期待されます。

全身の循環をよくしてくれるので
利尿作用むくみの軽減にも効果的です。

 

きゅうりのメリット④【βカロテン】

βカロテンは体内に入ることでビタミンAに変化し、
視力、皮膚、粘膜などを健康に保つ働きがあります。

 

きゅうりのメリット⑤【ホスホリパーゼ】

きゅうりに含まれるホスホリパーゼ
脂肪分を分解する働きがあり、
肥満防止やダイエット中の犬におすすめです。

 

犬にきゅうりを与えるときの注意点とは?


犬にきゅうりを与える際
注意点として以下の4つ挙げられます。

  1. 与えすぎないこと
  2. 切ってあげること
  3. 味付けをしないこと
  4. アレルギーに注意すること

注意点①【与えすぎないこと】

きゅうりが健康に良いからといっても
与えすぎは消化不良を起こしてしまうこともあります。

3㎏の小型犬で25g程度、
20㎏の中~大型犬くらいで100g程度を
目安に
与えていきましょう。

 

もちろん
犬種や大きさによって異なるので
与える時は徐々に様子を見ながら
量を調節してあげてください。

 

注意点②【切ってあげること】

犬は食べ物を噛まずに
飲み込んでしまう習性があるため、
必ず切ってあげることが必要です。

小口切りやみじん切り、
また、栄養を吸収しやすいように
ミキサーでドロドロにしてあげることもおすすめです。

 

注意③【味付けをしないこと】

犬にきゅうりを与える時には
味付けをしないでください。

塩、ドレッシング、マヨネーズ等
どれも与える必要はありません。

 

注意④【アレルギーに注意】

きゅうりを食べて
アレルギーを起こす犬もいます。

初めて与える時には少量にし、
異変がないか様子を見る必要があります。

下痢や嘔吐など
何かしらの
異変が見られた場合には
かかりつけの獣医師に相談し、
必要があれば病院へ受診しましょう。

 

 

まとめ


犬にきゅうりを食べさせることはOKですが、
人間と同じように与えてはいけません。

 

丸ごと与えることや味を付けることはせずに
細かくしたもの適量与えることが必要です。

 

きゅうりは犬の体にとって
たくさんのメリットがあるので
ドッグフードのトッピングとして
添えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

おすすめの記事