犬の留守番中の気持ち【部屋の電気は消さない方がいい?】

犬に留守番させるとき、
部屋の電気はどうしていますか?

 

犬の気持ちとしては
電気を消した方がいいのでしょうか?
消さない方がいいのでしょうか?

 

 

留守番中の犬の気持ちを
理解してあげられるように
部屋の電気をどうするべきか、
この記事にまとめていきます。

 

犬の留守番の気持ち


犬がひとり留守番している時、
「寂しい」「不安」
などの感情が登場することが多いです。

 

犬の留守番中の寂しい気持ちや
不安な気持ちを少しでも和らげて、
リラックスして過ごしてほしい
と願う愛犬家は多いかと思います。

では、犬がリラックスするためには
部屋の電気はどうした方がいいのでしょうか?

犬の留守番中、部屋の電気は消した方がいい??

ネットワークカメラ ベビーモニター 監視 ペット 見守り 留守番 200万画素 720P高画質 iP Camera 暗視撮影 マイク内蔵通信可能 動体検知 iOS / Android / Windows 日本語説明書付き
あなたは
犬に留守番をしてもらうとき
部屋の電気の状態を
どのようにして外出していますか?

 

日中は電気をつけなくても
日の明かりで過ごすことができるので
特に気にならないかと思います。

心配なのは、夜ですよね。

夜の帰宅時間が遅い場合には
部屋が暗くて犬が怖がったり
見えなくてケガをすることはあるのでしょうか?

 

犬が留守番をする際
部屋の電気をどのように対処してあげるか、
消す場合消さない場合
それぞれ解説していきます。

 

犬の留守番中に、電気を消す場合

ネットワークカメラ 1080P 200万画素 WIFIワイヤレス監視カメラ 防犯カメラ ベビーモニター マイク内蔵 双方向音声 暗視撮影 動体検知 遠隔操作 日本語説明書

犬が留守番をする際
基本的には部屋の電気は
一日中消しておいても大丈夫です。

犬は人間とは違い、
夜間視力が発達しているので
暗いところでもはっきり見えています。

 

それに、犬は留守番中
ほとんどが寝て過ごしているので
明るさはあまり必要ないとされています。

犬の留守番中に、電気を消さない場合

Furbo ドッグカメラ 飛び出すおやつ 2Wayオーディオ iOS Android対応 AI搭載

夜の帰りが遅いときは
暗くてかわいそうだからと
電気を消さず外出する愛犬家もいるかと思います。

犬に変わった様子なく
留守番できているのなら
消さずにつけておいても問題ありません。

ただし、
犬が日頃から休むようなスペース
犬用ケージの近くで
部屋の電気をつけておくことはおすすめしません。

なぜなら、明るすぎて
犬の体が休まらないからです。

もしも犬の留守番中に
どうしても電気をつけておきたいという場合は
少し離れたところでつけておくか、
薄暗い電気にしてあげましょう。

 

留守番する犬に合った環境を考えよう


留守番させる環境作りは
犬を安心させるために必要なことです。

犬を安心させるポイントは
「環境を変えないこと」です。

犬は普段と違った環境に
不安を感じやすい生き物です。

今日は電気を消そう、
今日は電気を消さないでおこうと
飼い主の気分で決めずに、
普段通りいつも同じ
過ごさせてあげることが一番です。

 

子犬のころは、どんな環境にも
順応していく能力があります。

なので子犬の頃に
留守番中、暗い部屋に慣れさせておくと
それを当たり前の環境をして
受け入れていくことができるようになります。

 

まとめ


犬の留守番中の気持ちは
犬によってそれぞれですが、
寂しい思いや不安な思いをしている犬は
実際多いかと思います。

部屋の電気ひとつでも
普段の環境と違えば
犬は不安になります。

 

犬に合った
いつもの環境作り
続けていくように心がけましょう。

 

犬が留守番にまだ慣れていなく、
環境作りに不安な方は
留守番させるときの注意点が
まとめてある記事を参考にしてみてください。

犬にお留守番させるときの注意点【隠しておいたほうがいい物など】

 

 

おすすめの記事