犬にパンを食べさせても大丈夫?与えない方がいい?【注意点をまとめました】

犬にパンを食べさせても大丈夫?

 

パンには小麦やバター、砂糖など
いろいろな物が含まれていますが
犬に与えないほうがいいのでしょうか?

 

この記事では
犬にパンを食べさせても大丈夫なのか?
注意点についても詳しくまとめました。

 

 

犬にパンを食べさせても大丈夫?与えないほうがいい?

マルカン やわらかパン ステイックタイプ ミルク

基本的にパンには、犬にとって
すぐに中毒症状を起こすような
危険な物は含まれていません。

ただし!
パンに使用される素材や
食べる量、頻度によっては
犬の体の健康を害する恐れがあります。

 

つまり、犬にとってパンは
食べること自体は問題ないものの、
積極的に与える必要のないものです。

 

犬が食べても良いパンと、犬が食べない方がいいパン

パスコ PASCO 超熟 6枚切

 

「犬にパンを与えてしまった。。」
「犬がパンを誤食してしまった!」
という状況でこの記事をみている
愛犬家の飼い主もいるかもしれません。

 

犬が中毒を起こすような
危険な食材が入ったパンでなければ
基本的に問題ありません。

なので
犬がパンを食べてしまったからといって
それほど心配することはありません。

念のため

  • 犬が食べても良いパン
  • 犬が食べない方がいいパン
  • 犬が絶対に食べてはいけないパン

について、以下で詳しく解説していきます。

犬が食べても良いパン

マルカン やわらかパン ミルク&さつまいも

犬が食べても良いパンは
以下のようなパンです。

  • 犬用のパン
  • 食パン
  • ベーグル
  • コッペパン など

 

パンの中では比較的に
塩分や糖分、油分が抑えられた
シンプルなパンであれば
犬が食べても問題ありません。

もし犬にパンを与える時には
ジャムやバターなどは使用しないで
そのまま食べさせてください。

そして、
手でさっとちぎれるような
柔らかめのパンを選ばれると良いです。

 

犬が食べない方がいいパン

低糖質クロワッサン(低糖工房)糖質制限やダイエットにおすすめ! (1個あたり糖質1.3g 低糖質クロワッサン 35g×10個)

犬が食べないほうがいいパンは
以下のような種類になります。

  • ロールパン
  • クロワッサン
  • デニッシュ
  • 蒸しパン
  • フランスパン
  • 菓子パン(アンパン、メロンパン等)
  • 調理パン(ハンバーガー等)

 

バターが多く使われているパンや
砂糖が大量に使われているパン、
塩分の高いパンを犬に与えるのはなるべく避けましょう。

 

また、フランスパンのような
ハード系のパンを犬が食べ過ぎると
犬のお腹の中で水分を吸って
膨張してしまうリスクがあるためおすすめできません。

 

犬が絶対に食べてはいけないパン

cerneau(セルノー) ぶどうだらけのぶどうパン / 天然酵母パン

犬が絶対に食べてはいけないパンとは
犬が中毒を起こすような食材の入ったパンです。

  • チョコレートパン
  • レーズンパン
  • ナッツ類が入ったパン(くるみ等)
  • 玉ねぎが入ったパン など

 

こういった犬にとって危険な食材が
パンに練りこまれている場合がありますので
市販の物であれば原材料をよく確認して
絶対に与えないようにしてください。

 

犬にパンを与える時の注意点

銀のさら きょうのごほうび プチごほうびパン ミルク味 100g

犬にパンを与える時の注意点としては

  • 原材料の確認
  • 与える量

この2つに気をつけましょう。

注意点①【原材料の確認】

Allforhome ( TM ) 7キャビティ可愛い犬子犬シリコン手作りフォンダン金型キャンディ金型DIYケーキデコレーション金型フォンダンツール

犬にパンを与える場合、
ご自宅で作られたものでしたら
どんなものを使用しているかわかります。

しかし、
市販品のパンでしたら
使われている原材料がわかりません。

市販されたものは日持ちさせるために
添加物を使用したものがたくさんあります。

原材料のなかに
「イーストフード」と記してあるものは
様々な添加物を一括表示した名称です。

  • 塩化アンモニウム
  • 塩化マグネシウム
  • グルコン酸カリウム
  • グルコン酸ナトリウム
  • 炭酸アンモニウム
  • 炭酸カリウム(無水)
  • 炭酸カルシウム
  • 硫酸アンモニウム
  • 硫酸カルシウム
  • 硫酸マグネシウム
  • リン酸水素二アンモニウム
  • リン酸二水素アンモニウム
  • リン酸一水素カルシウム
  • リン酸二水素カルシウム
  • リン酸三カルシウム
  • 焼成カルシウム塩化アンモニウム

この16種類の中の1つでも
複数使用している場合でも
イーストフードと一括りにまとめられています。

 

犬も人間同様に
長期的に添加物を取り続けていくと
何かしらの健康被害が出る可能性があるため
出来る限り避けたいものです。

 

もし犬にパンを与える場合は
無添加のパンや手作りしたものを
与えるようにしましょう。

 

注意点②【与える量】

DECOLE SHIBA HACHI シリーズ おやつのとりこ皿 ZCB-74547 柴犬

犬の主食はドッグフードがメインです。

基本的にパンを犬に
与える必要はありませんが
もし与える場合はおやつや
ご褒美として与える程度にしましょう。

手で小さくちぎったものを
1個、2個与えるだけで構いません。

たくさん与えすぎてしまうと
本来必要とされるドッグフードが
食べられなくなるということがないように
少量与えるだけに止めておきましょう。

 

 

まとめ


犬にパンを食べさせても大丈夫ですが、
積極的には与える必要はありません。

 

もしも与える場合には、
犬が食べてはいけない食べ物
含まれていないか気をつけたり、
たくさん与えすぎないようにしたり、
糖分・油分・塩分の少ないパンを選ぶなど
いくつか注意しなければなりません。

 

一番安心して
犬にパンを食べてもらう方法は
パンを手作りして与えることです。

パン作りが好きな愛犬家は
愛犬のためチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

 

 

 

おすすめの記事