犬にかぼちゃを食べさせてもOK?【犬にカボチャを与えるメリットや注意点も解説】

犬にかぼちゃを食べさせてもOK?

 

結論からいいますと
食べさせてもOKです!

 

では犬へかぼちゃを食べさせるとき、
どのようにして与えるのがいいのでしょうか?

 

この記事では
犬にカボチャを与えるメリットや
注意点について詳しく解説していきます。

 

 

犬にとって、かぼちゃはおすすめの食材?

シーザー スナック ブロッコリー・かぼちゃ・にんじん入りコロコロキューブ 100g

冒頭でもお伝えしましたが、
犬にかぼちゃを食べさせてもOKです。

 

かぼちゃは栄養満点で
犬の体にとって、
必要な栄養素が含まれています。

 

しかし、
いくら栄養満点とはいえ、
与え方を間違えてしまえば
栄養を吸収しにくいだけでなく、
犬の体調不良にもつながり兼ねません。

 

犬にかぼちゃを与える際は
与え方をしっかり理解して
意味のある食事にしていきましょう。

 

犬にかぼちゃを与える時の工夫

Miyinla 犬の服 可愛い 犬服  犬用コスチューム クリスマス かぼちゃ セーター ハロウィン サンタクロース服 コスプレ 新年セール 仮装 ペット服 秋 冬 暖かい 防寒 小型犬 中型犬

犬にかぼちゃを与える時の工夫として
以下の方法を参考にしましょう。

  • 生のまま与えない
  • 茹でたり蒸したりして加熱する
  • 指で軽くつまんで潰れる柔らかさ
  • 冷ました物を刻んだりマッシュする
  • 硬い皮や種は取り除く
  • 味付けはしない

 

犬にかぼちゃを与えるメリットとは?

シーザー シンプルレシピ 成犬用 ほぐしささみとかぼちゃ 80g×24缶入り [ドッグフード・ウェット]

犬にかぼちゃを与えるメリットは
野菜の中でもトップクラスとされる
豊富なビタミンによって
犬の体の健康維持に働きかけてくれる点です。

 

かぼちゃに含まれるビタミンには
主に以下のような種類があります。

  • βカロテン(ビタミンA)
  • ビタミンK
  • ビタミンE
  • ビタミンC

 

かぼちゃのメリット①【βカロテン(ビタミンA)】

βカロテンは犬の体内へ入ると
ビタミンAへと変わります。

そして、犬の視覚機能、
犬の皮膚や粘膜の健康を維持し、
犬の体の免疫力が高まることで
ガン予防にも効果があるとされています。

 

かぼちゃのメリット②【ビタミンK】

犬の骨を丈夫に保つために
ビタミンKは必要不可欠なビタミンです。

もしもビタミンKが不足してしまうと
犬の骨が弱くなってしまうだけでなく、
犬がケガをして出血した場合などに
血が止まりづらいといった症状があります。

 

子犬から老犬まで
どんな時期にも必要な栄養素といえます。

 

かぼちゃのメリット③【ビタミンE】

ビタミンEには
抗酸化作用があります。

細胞膜トラブルの原因となる
活性酸素に対抗して
犬の体の健康維持を手助けしてくれます。

また、老化防止にも効果的です。

 

かぼちゃのメリット④【ビタミンC】

ビタミンCには
ビタミンE同様に抗酸化作用があります。

犬にとってビタミンCは
体内で生成することができるため
必要ないと思われていますが、
犬の年齢や体質によっては
不足していることもあります。

特に、病気の犬や高齢の犬などは
摂取することを意識してあげるといいでしょう。

 

犬にかぼちゃを与える時の注意点

袖なし ペット服 犬の服 Tシャツ ドクロクリップアート ドッグウェア ロンパース 洋服 タンクトップ 猫服 ペット用品 小中型

 

犬にかぼちゃを与える時の注意点は
以下の3つが挙げられます。

  • 消化不良
  • 与える量
  • アレルギー

与える時の注意点①【消化不良】

超巨大かぼちゃ 2粒

もしも犬に
加熱していないかぼちゃを与えると
消化不良を起こす原因になります。

必ずしっかり加熱したものを
小さくしてから与えるようにしましょう。

 

与える時の注意点②【与える量】

チョイあげ かぼちゃん 35gx5個セット

犬に与えるかぼちゃの目安量は、
5㎏の小型犬の場合で10~20g程度にしましょう。

 

栄養豊富なかぼちゃですが、
犬に与えすぎたことが原因で
消化不良や肥満につながることがあります。

また、
ビタミンを過剰に摂取しすぎると
犬の食欲を低下させたり、
嘔吐してしまう犬もいます。

 

初めて犬にかぼちゃを与える時は
必ず極少量から与えていき、
その犬にとっての適量を与えるようにしましょう。

 

 

与える時の注意点③【アレルギー】

カユイの痒いの飛んで行け30g【犬.猫のアレルギー・皮膚(皮膚炎) サプリ】アレルギー性皮膚炎の犬や猫に無添加健康食で皮膚病を軽減

犬がかぼちゃを食べたことで
アレルギーを引き起こす場合もあります。

アレルギー症状としては

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 皮膚のかゆみ
  • 湿疹
  • 目の充血
  • 元気がなくなる など

その犬によってさまざまです。

 

 

この症状に該当すれば
必ずしもアレルギーとは限りませんが、
犬のの様子に普段と違いがみられたら
早めにかかりつけの病院へ連絡しましょう。

 

 

まとめ


犬にかぼちゃを食べさせてもOKですが、
どんなものでも与えていいわけではありません。

 

例え加熱してあるかぼちゃでも
人間用に料理したものや加工品などは
塩分や糖分が含まれているため
犬の消化器官に負担をかけますので与えないでください。

 

 

 

 

おすすめの記事