犬にビールなどのアルコールを飲ませると危険?

犬のしつけ方や注意点

犬はアルコールを飲めるのでしょうか?

人間のように酔っ払う程度で
与えることに問題はないのでしょうか?

 

この記事では
犬にビールなどの
アルコールを飲ませると危険があるのか、
詳しく解説していきます。

 

犬にビールなどのアルコールは危険?

犬にビールなどの
アルコールを与えることは大変危険です!!

 

人間はビールなどのアルコールを摂取すると
胃や腸で吸収し、
その後は肝臓によって分解されて無害となります。

しかし、
肝臓でうまく分解できないと、
二日酔いになったり、急性アルコール中毒を引き起こします。

 

犬はもともと
アルコールを分解する酵素を持っておらず、
一度摂取したアルコールは無害にならずに
体内を循環し悪影響を及ぼします。

 

また、
飲んでいなくても
犬は嗅覚が優れているため、
アルコールの刺激臭によって
くしゃみをするなどの影響が出てしまうこともあるようです。

 

犬のアルコール致死量

犬にとってのアルコールの致死量は
個体差にもよりますが、
体重1kgに対して5.6ml程度といわれています。

 

致死量目安はアルコール度数別で以下の通りです。

  • アルコール度数5%110ml
  • アルコール度数15%37ml
  • アルコール度数40%14ml

 

この値はあくまで目安であり、
犬によって致死量に満たなくても
重篤な状態になる危険性は十分にあります。

 

致死量に満たなかったら
健康に影響がないというわけでは
決してありませんので、
一舐めでも与えてはいけません。

 

もしも犬がアルコールを誤飲してしまったら?

もしも犬がアルコールを誤飲した場合、
次のような中毒症状を引き起こす可能性があります。

  • 嘔吐
  • 嘔吐物が喉に詰まり窒息
  • 呼吸困難
  • 意識がもうろうとする
  • 心肺機能が鈍くなる
  • 昏睡状態

 

犬は自分でアルコールを
分解することできないため
毒物としてそのまま体内を巡ることで
重度の中毒症状を引き起こし、
最悪の場合、意識を失って命を落とすことも珍しくありません。

 

犬がアルコールを誤飲してしまった場合の対処法

もしも犬がビールなどのアルコール類を
誤飲してしまった場合、
早急に動物病院へ連絡する必要があります。

 

病院へ連絡するときには
次のようなことをわかる範囲で伝えるようにしましょう。

  • いつ飲んだのか
  • どんなアルコールを飲んだのか
  • どのくらいの量を飲んだのか
  • 現在の様子

 

飲んだのが少量で
様子に変化が見られなくても
いち早く診察を受けるようにしてください。

すぐに症状が出ない場合でも
急変する可能性は十分にありますので
安易に考えてはいけません。

 

また、
こういう時のために
深夜や祝日対応をしてくれる動物病院を把握しておくようにしましょう。

 

まとめ

犬がビールに限らず、
アルコールを飲むことは大変危険なことです。

例え少量でも、
決して飲ませてはいけません。

 

与えるつもりがなくとも
もしかしたら誤飲してしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、
そうならないためにも
飼い主としてお酒を飲むときは
愛犬の様子に注意しながら飲むように心がけて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました