犬の食事の回数は、一日何回が1番いい?【犬に食事を与える時間の決め方も解説】

あなたは、
愛犬に一日何回
食事を与えていますか?

そして何時に
食事を与えていますか?

 

食事の不足や与えすぎは
犬に大きな健康被害
もたらすことがあります。

 

でも、安心してください。

 

犬の適切な食事の回数や
犬の適切な食事の時間を知ることで
犬の健康被害を事前に回避できます。

 

この記事では
犬の食事の回数と時間の決め方について
簡単にわかりやすく解説していきます🐩✨

犬の一日の食事の回数について

iikuru 犬 食器 陶器 犬用 食器台 いぬ 食事 フード ボウル 猫 餌入れ 猫用 水入れ ペット ねこ 皿 ペット用 器 x695

犬の一日の食事回数は
犬の成長段階によって
それぞれ異ってきます。

  • 生後1年頃まで
  • 生後1年頃~生後7年頃まで
  • 生後7年以降

犬の食事の回数【生後1年頃まで】

Iontek ステンレス 猫 皿 ペット碗 可愛い猫柄 ペット用品 食器 犬 猫 小動物 餌入れ ボウル食器 フード ウォーター ボウル 滑り止め こぼれ防止 取り外し可能 227ml 2個セット (グレー&グレー)
生後1年頃までの犬は
消化器官がまだ未熟なので
一度に多くの量の食事を与えると
犬の身体に負担をかけてしまいます。

 

また、生後1年頃までは特に
犬の成長スピードが速いため
数か月単位で適正な食事回数が変化します。

※生後は特に消化器官が未熟のため
犬の適正な食事回数は1番多くなります。

 

生後1年頃までの犬の食事回数について
3段階に細かく分けて解説していきます。

  • 生後3カ月頃まで
  • 生後3カ月~6カ月頃
  • 生後6カ月~12カ月頃

生後~3カ月の犬の食事の回数

犬も人間と同じく
生まれてからすぐに
食事をとるわけではありません。

生後2、3週間は母乳で育ちます。

 

その期間を終えてから
生後3ヶ月頃まで離乳食として、
子犬用のドライフードを柔らかく
ふやかしたものを与えましょう。

 

生後~3カ月の犬の食事の回数は
一日4、5回を目安にして、
餌を小分けにするように意識しましょう。

 

生後3カ月~6カ月の犬の食事の回数

生後3ヶ月を過ぎたら
ドライフードのふやかし方を
変えていきましょう。

通常の硬さの状態が食べられるように
徐々に犬に慣らしていってください。

 

この時期の犬の食事回数は
1日3、4回を目安にしましょう。

 

特にこの生後3カ月~6カ月の時期は
犬の成長にとって大切な時期なので
栄養価の高いエサを選ばれることをおすすめします。

 

生後6カ月~12カ月の犬の食事の回数

消化器官が発達してくる
生後6ヶ月~12ヵ月の犬については
一日2、3回が食事回数の目安です。

 

食事の量と回数を調整しながら
犬の体重が減らないように
しっかり管理してあげましょう。

 

そして、生後8カ月頃から
徐々に成犬用のフードに
切り替えていく準備を進めます。

 

一気に変えるのではなく、
少しずつ慣らしていきましょう。

 

犬の食事の回数【生後1年頃~生後7年頃まで】

ペット用食事マット 犬 猫用 ペットマット 食事トレー 食器/給水器 ボウル置き用食事敷物 滑り止め 中小型犬 清潔 シート 玄関 トイレマット 犬猫向け ボウル置き用
成犬期である1歳以降は
消化器官が十分に発達しているので、
一日の食事の回数は2回でOKです。

しかし、
犬はエサを丸飲みしてしまうので、
与える時間は一緒でも
お皿には小分けにして与えましょう。

 

犬の食事の回数【生後7年以降】

老犬介護用 持ち手付食器 中 ペット用品 高齢ペット・介護用品 老犬介護用 食事補助用品 [並行輸入品]
老犬期に入る7歳以降は
消化機能が少しずつ衰え、
一気に必要量が食べられなくなったりします。

 

基本的には
老犬期の一日の食事の回数は
2、3回を目安にしましょう。

 

しかし、食べ残しが増えてきたり、
消化不良を起こしてしまう場合には
一日のえさの量を減らしたり、
一度の与える量を減らして
回数を増やしても構いません。

 

また、
老犬用フードに変えることも
徐々に進めていきましょう。

犬の食事の時間の決め方について

犬の食事の時間の決め方のコツは
タイミングを一定にしリズムを作ること。

リズムを作ってあげることで
排泄の時間も決まりやすく、
犬の身体の調子が整います🐩✨

 

犬の一日の食事の回数別で
目安となる時間は以下のようになります。

  • 5回:朝・昼前・昼過ぎ・夕・夜
  • 4回:朝・昼・夕・夜
  • 3回:朝・昼・夜
  • 2回:朝・夜

 

「何時何分になったら、犬に食事を与える」
というように、細かな時間を意識するよりも
時間配分をバランスよくすることが大切です。

 

また、犬の食事のタイミングと関連して
気をつけてもらいたいがことがあります。

それは、犬の散歩のタイミングです。

 

犬がご飯を食べた後すぐに
散歩に連れていくことは避けてください。

 

犬の食事の後の運動は
胃捻転を起こしやすいので、
散歩をするタイミングとしては
じつはあまりよろしくありません。

 

最後に


犬の食事の回数と
犬の食事の時間の決め方
その犬の健康状態や
消化器官の未熟さ、
老化の進行具合などが関係しています。

 

あなたの愛犬の状態を把握して
ぜひ、実践してみてください(^^)

 

犬の食事を管理することは
犬の健康状態を把握する上で、
ものすごく重要なことです。

 

適度な運動
適切な食事を意識して、
愛犬が健康で過ごしていけるように
飼い主としてサポートしていきましょう🐩

 

おすすめの記事