犬が豆乳を飲むと危険?【犬に豆乳を与える時の注意点やメリットも解説】

犬が豆乳を飲むと危険?

 

犬には人間用の牛乳を
基本的に飲ませてはいけません。
そのため犬専用のミルクがあります。

 

しかし牛乳とは違い
豆の成分である豆乳であれば
犬に与えても大丈夫なのでしょうか?

 

この記事では
犬に豆乳を飲ませてもOKなのか、
豆乳を与えるメリットや注意点について
詳しく解説していきます。

 

犬に豆乳を飲ませてもOK?


結論からいうと
犬に豆乳を飲ませることはOKです。

 

豆乳の原料である大豆の主な成分は
タンパク質でドッグフードにも
使われていることがあります。

 

植物性のタンパク質ではありますが
液体なので消化吸収が比較的しやすいです。

 

しかし、大量に摂りすぎると
犬の腎臓に負担をかけてしまったり
お腹がゆるくなって下痢をすることもあります。

 

 

豆乳の種類【犬にはどんな豆乳がいいの?】


豆乳には

  • 調整豆乳
  • 無調整豆乳

この2種類があります。

調整豆乳
砂糖、塩、香料、果汁などで味を調えて
飲みやすくしたものになります。

一方、無調整豆乳
ゆでた大豆をそのまま絞っただけのものになります。

 

犬にとっては
糖分や塩分などは必要ないものですので
無調整豆乳を与えるようにしましょう。

 

 

犬に豆乳を与えるメリットとは?


犬に豆乳を与えるメリット
栄養素を摂取できる点です。

豆乳に含まれる
多くの栄養素によって
犬の健康促進へ役立ちます。

 

豆乳には以下のような
豊富な栄養成分が含まれています。

  • たんぱく質
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 鉄分
  • イソフラボン など

豆乳を飲むことで
犬の骨や筋肉の強化、血行促進に繋がり
犬の体の抵抗力や免疫力がアップして
病気になりにくい体作りを手助けしてくれます。

 

また、犬の夏バテ対策として
ドッグフードに豆乳をかけてあげることで
風味がよって食べやすくなったり、
タンパク質が摂れることや水分補給にもなるので
犬が食欲のない時などにもおすすめです。

 

犬に豆乳を与える時の注意点とは?


犬に豆乳を与える時の注意点
与える時の量やアレルギーです。

犬の健康のためであっても
与えすぎに気をつけましょう。

 

最初はスプーン一杯程
少量からあげるようにしましょう。

日を改めて、
少しずつ量を増やしていきますが
豆乳はカロリーが高いのでたくさん与えると
肥満の原因になりますので注意してください。

 

この時冷たいままではなく、
常温あるいは少し温めてから与えると
犬の胃に優しいのでおすすめです。

犬にも大豆アレルギーがある?!


犬に豆乳を与える時は
始めは少量で、徐々に量を増やしていく。
ということを忘れないでください。

なぜなら
犬の大豆アレルギーが心配されるからです。

もしも犬に大豆アレルギーがある場合、
以下のような症状が出ることがあります。

 

  • 口回り、喉元から首にかけて赤みが出たり痒がる
  • 耳の内側や内股、脇などを痒がる
  • 豆乳を与える回数と下痢をする回数が同じである

 

 

このような症状が出た場合には
アレルギーが疑われますので
動物病院へ受診しましょう。

血液検査でアレルギーであるか
調べてもらうことができます。

 

まとめ


犬に豆乳を飲ませてもOKですが
豆乳の種類は無調整豆乳にし、
量を加減しながら与えるようにしましょう。

 

犬にとって必要な
タンパク質を多く含むといっても
与えすぎは肥満の原因や
アレルギー症状を引き起こすこともあります。

 

健康に過ごしていくためには
いくら質の良い食材であっても、
人間用の食べ物を犬へ与えることは
基本的におすすめできません。

 

 

人間用の食べ物を犬へ与える際は
たくさん与える必要がないこと
を覚えておきましょう。

おすすめの記事