犬が目薬を嫌がる!【嫌がらない目薬のさし方とは?】

犬が目薬を嫌がって
さすことが出来ない。

 

「目にゴミが入った」というときや

「目が充血している」というとき、

目薬で症状を
少しでも改善してあげたいけれど
実際、嫌がる犬は多いです。

そこで
この記事では、
嫌がらない目薬のさし方
ポイント手順をまとめていきます。

【関連記事】

 

犬はなぜ目薬を嫌がるのか?


犬が目薬を嫌がるのは、
過去に嫌だと思う経験をしたことが
原因の可能性があります。

また、
無理やりおさえつけて
目薬をさそうとすると、
恐怖心から犬は逃げ出してしまいます。

他にも、
正面から目薬をさそうと
犬の目をじっと見つめること
犬はとても嫌がります。

なぜなら
犬が真っすぐ向かい合い、
見つめ合うという行為は
基本的に犬にとっては
喧嘩開始の合図だからです。

関連記事:犬が目を合わせる理由

 

多くの飼い主は一生懸命
「目薬をささなきゃ!」
という気持ちで犬を見つめますが
犬は恐怖しか感じていないかもしれません。

 

また犬は空気を読む能力に長けているので、
あなたの緊張感が伝わってしまうと
犬は目薬を差すを嫌がってしまうのです。

犬が嫌がらない目薬のさし方とは?


犬が嫌がらない目薬のさし方には
3つポイントがあります。

  • 後ろからおこなう
  • 好きなおやつを活用する
  • 目薬を見せない

犬に目薬をさす手順

犬に目薬をさす手順について
(1)~(6)の6つの手順に分けて解説していきます。

犬に目薬をさす手順(1)

背を向けてお座りさせます。
背を向けてのお座りが苦手な犬は
伏せの体勢でも構いません。

犬に目薬をさす手順(2)

片手におやつを持ち、
犬の注意をおやつ
向けさせるようにします。

※少し上向きの方が良いでしょう。

犬に目薬をさす手順(3)

目薬を持った手を
犬の視界になるべく入らないように
頭の上に置き、小指の辺りを使って
上のまぶたを引き上げます。

犬に目薬をさす手順(4)

手は頭に上に固定したまま、
目薬の先端を目尻に近付け、
目薬を何滴かさしましょう。

犬に目薬をさす手順(5)

点眼後しばらくは
上を向いた状態をキープさせたほうが、
目薬が目全体に行き渡るので
おやつを持った手はそのままにします。

犬に目薬をさす手順(6)

全体に目薬の液が
行き渡ったようであれば、
おやつをあげ、たくさん褒めてあげてください。

犬に目薬をさすときに注意すること

  • 無理やり押さえつけてはいけない
  • 嫌がってしまったら、落ち着くのを待つ
  • リラックスしているときにおこなう
  • 嫌がることを無理にしてはいけない

まとめ


この記事では
犬が嫌がらない目薬のさし方の
ポイントや手順をまとめていきました。

目薬を嫌がるあなたの愛犬
目薬をさすことができる手助けになれば幸いです。

犬に目薬を差す際のポイント
注意すべきことを参考にしていただき、
あなたと愛犬との絶妙な距離感を見つけることがコツです。


そのためには
普段からスキンシップをとるときに
目の周りを触って
慣れさせたり、
背を向けたお座りの練習をしておくのも
有効な犬のしつけといえるでしょう。

 

ちなみに

人間用の目薬を
犬の目につけていいと思いますか?

興味のある愛犬家の方は
愛犬のためにぜひ以下の記事も
合わせて読んでいってください(*^^*)

 

おすすめの記事